トップページ | 2004年1月 »

2003.12.31

Melody A.M. / Royksopp

Melody A.M.先週は Royksopp の "Melody A.M. "を。VMCで 'Poor Leno' のPVを見てすごく気に入り購入。といってもPVがかかっていたのはだいぶ前ですが。'Poor Leno'の詳しい歌詞は不明ですが、タイトルにぴったりのPVで、物悲しさが漂うPVでした。Leno君キャラが一部では話題になっていたそうで。今年の夏フェスにも来ていたみたいですね。夏フェスは体力的につらいのでまだ一度も行ったことがないのですが、これは見たかったなぁ。夏フェスに来ていたということは、それなりに知名度があるのかと思ったのですが、うーん、同じ趣味の人が周りにいないので確認ができません。イギリスではチャートを多少にぎわせていたので、ヨーロッパではそれなりに有名なのか知らん。

肝心のアルバムは、エレポップというほどポップでもなく、トランス/ダンス/テクノというほど打ち込みは激しくなく、ほどよい感じ。歌ものだけではなく、インストゥルメンタルも。繰り返し聞いてもあまりつかれなかったのはそのせいかも。Poor Lenoを聞いてから買ったわけですが、このシングルの延長上にアルバムがある感じで、収録曲の傾向にそれほど違いはなく○。

ほかに 'Remind Me' のPVも見たのですが、こっちはアニメチックで、なんとなくゲームのシムシティを彷彿させるものでした。個人的にはなんとなく目がひきつけられるPVでした、どちらも。公式サイトでどちらも見られるので興味があるかたはどうぞ~

Royksopp、ノルウェー出身の二人組みなのですが、バンド名はきのこの一種の「ほこりたけ」のノルウェー語だそうです。ノルウェー語なので、ほんとはRoyのoの字の上に点点が二つつきます。こんな感じ(ö)です。






| | トラックバック (0)

2003.12.20

当たった!

忙しくて投稿できない日が続いていましたが、なんとか投稿再開。きっかけは……ギフト券が当たったから。われながら現金とは思いながらも、マイペースで続けていこうと新たに決意。niftyさんに感謝。懸賞にはとんと縁がないので、その分嬉しさ倍増。宛名が手書きになっていてそこになんとなく温かみが感じられました。もらったものは使わないと、ということでビックカメラで『ライオンキング』のDVDを買ってきました。お正月にゆっくり見ようっと。あんまり嬉しかったので、初めてでしたがトラックバックさせていただきました。そうか~こんな風に手作業で発送作業しているんですね。なので手書きだったんだ~

White Ladder (Enh)今週は David Gray の "White Ladder" を聴いています。輸入版の表に 'It's a record that makes your life feel better by its mere existence' (乱暴に訳すと、持っているだけで幸せになれるCD、かな)とあり、かなりの賛辞。内容はほっとさせるような曲が多いです。 'Babylon' に惹かれて買ったのですが、ほかの曲も同じような感じではずれはなかったかなと。たまにシングルカットされた曲で判断して買うと、ほかの曲が全然違う感じで、軽いショックを受けることもあるのですが、今回はなし。

これはラジオに流れているのを聞いたのが最初でした。babylon---の旋律が耳から離れず、どんなアーチストなのかなぁと気になっていたのはもう1年以上前。漸く手にしました。手にするまでに調べた限りでは、デビューしたものの売れずにいた時期が長かったようです。セールス的には苦戦していたみたいですが、アーチストサイドからは高く評価されていたらしく、このアルバムで漸くメジャーヒットとなったようです。レコード会社から契約切られなくってよかったですね~






| | トラックバック (0)

2003.12.04

bk1ランキング追加

BookL.gifbk1ランキングを追加してみました。ほんとはamazon.co.jpのランキングがあればそちらを使いたかったんですが、探し方が悪いのか見つからない……表示にはrss.-jp.netで紹介されているcgiを使っています。多謝。表示が時々できないことがありますが、気にしない気にしない(こっちの環境が悪いのかもしれないし)。しかし、ほんとは「文芸・ミステリ・SF・ホラー」のランキングのRSSを参照しているはずなの、何故デイリーランキングが???URLの指定をいろいろ変えてもなぜか常に同じ。わからん……

【以下追記です】
と書いていたのですが、いろいろ調べているうちに希望するような表示になってきました。最終的には、feedroollというところで提供されているパーサーを使って表示するにいたっています。英語サイトでの提供なのですが、日本語も問題なく表示されるし、比較的安定してるので(たまに表示されないこともあるみたいですがご愛嬌ちゅうことで)、こちらを愛用しています。でも、もっといいサイトが見つかればまた乗り換えるかも。

bk1では他に、RSSではなくてランキングをそのままblogで表示できるようにjavascriptでもデータを提供しています。こちらを使おうかと思ったのですが、トップ10を表示すると書籍の画像が表示される関係でびろーんと長くなってしまい、バランスを考えて止めにしましした。サイドメニューをもう少し増やしたいなぁとは思っているのですが、あんまり増やすと伸びすぎた感じになるし。となると3画面構成を検討しないといけないしなぁ。できるだけシンプルに表示したいのですが、かといってあんまり内容がないのもなんだか嫌だし……むずいなぁ。






| | トラックバック (0)

2003.12.03

t.A.T.u.、日本公演開始

武道館で始まったそうで。が、入りはかなり悪かったみたいです。プロモーターは真っ青のか知らん。確かに洋楽で100万枚もCDが売れれば、武道館も楽に埋まると思うかもしれんけど、普段洋楽を聴かない層が買って100万だから、ライブに行くのはその層のわずかのはず。となるとやっぱり東京国際フォーラムあたりでよかったんじゃないかな~あの P!nk も Christina Aguilera も武道館ではいきなりやっていないし。がらがらの武道館、見るほうもつらそう。

200 km/h in the Wrong Lane [Argentina Bonus Track] [Enhancedにしても、ここまで売れた理由が正直よくわからないです。トレヴァー・ホーンがプロデュースした 'All the Things She Said' とか 'Not Gonna Get Us' は個人的には嫌いではないのですが、ここまで日本で人気がでるとはね~同じくトレヴァー・ホーンがプロデュースしたFrankie Goes To Hollywoodもここまで売れなかったと思うんですが。彼のプロデュース作品はどちらかというと打ち込みな音なので、ユーロービートが一斉を風靡した日本では比較的受け入れられやすいという素地があったからなのかしらん。かくいう私も打ち込み系の音はどちらかというと好きなほうなので、 'Not Gonna Get Us' なんかめちゃツボだったりするんですが。

イギリスで先に5週間くらい 'All the Things She Said' 1位になっていて、その勢いが輸入されたような感じでした。海の向こうではどちらかというとPVが物議を醸してそこから話題になってヒット、という感じだったのですが、日本でも同様だったのかなぁ。昔と比べるとPV見る機会は確かに増えたけど、PVから口コミでヒットという感じではなかったような気がします。純粋にレコード会社のプロモーションと、ニュースとラジオのヘビーローテーションのためだったのかも。あとやっぱりロシアというのが珍しかったのかな。

PV見たんですが、最初見たときは特に普通のPVとしか感じられず、あとから、ちょっとヤバいネタだったと聞いて、そういえばそうかも、と記憶をたどったものでした。普通のPVのほかに、ライブで二人が歌うPVもあったのですが、そちらは観客の期待どおりキスしていました。話題先行方はやっぱり打ち上げ花火のようにぱっと出て消えてしまうのでしょうか。ちょっと寂しいなぁ。アメリカでは中ヒットくらいで、確かトップ10までは行かなかったのでは。アメリカでは冷静に受け取られていたのでしょうか。






| | トラックバック (0)

2003.12.02

キューティ・ブロンド2 (Legally Blonde 2)

キューティ・ブロンド 2 特別編見てきました『キューティ・ブロンド2』。パート1がかなり面白かったので、是非とも映画館で、ということで銀座で映画鑑賞。土曜日の最終回だったのですが、劇場は悲しいくらいガラガラ。『ぴあ』の満足度ランキングでは同じ週に公開された作品では1位だったのに……やはりReese Witherspoonではまだ日本では客が呼べないのかなぁ……映画自体は、1には劣るものの楽しめる作品に仕上がっていました。見終わった後の清涼感という点ではやはり1には劣るんですが、鑑賞後に気持ちよくなれることは前作同様。かなりご都合主義的な展開も見られるますが、まぁ映画ということで大目にみるべし。仕事や勉強で疲れているときにはお勧めの一本です(2よりも1の方がやっぱりお勧めですが)。

『ぴあ』に書いてあったのですが、公開はいつなの~と配給会社に問い合わせたファンがいたそうです。うーん、前作をみてはまった自分としてはわかります、その気持ち。なかなかこういう映画ってめぐり合えないので、出会ったときの嬉しさ、ひとしおという感じです。個人的にほかに同じような映画をあげるとすると、『デンジャラス・ビューティー』ですかね~こちらはサンドラ・ブロック主演ですが、見終わった後、やっぱりすがすが気持ちになりました。こちらも続編の製作が決まったそうで。うーん、楽しみのような不安なような……

残念ながら日本での成績は今ひとつだったような『キューティ・ブロンド2』ですが、前作がアメリカでは大ヒットしたこともあり、続編は『ターミネーター3』と同じ日の公開だったそうです。製作側も絶対いける~!と思っていたのかも。公開週の興行成績1位は残念ながらT3にとられてしまいましたが、2位に入ってきたのはなかなか検討と言えるのでは。

なにはともあれ、無事映画館で鑑賞できただけでも万々歳。前作が日本では、大ヒット!とはいかなかったので、ひょっとしたら未公開のままDVDになっちゃうんではないかなと危惧していたので。






| | トラックバック (0)

トップページ | 2004年1月 »