« When Seconds Count / Survivor | トップページ | スクール・オブ・ロック (School of Rock) »

2004.04.25

キャシャーン (Casshern)

キャシャーン』見てきました。昨日は『アップルシード』を見てきたので2日連続邦画。普段は全然邦画見に行かないんですが。どちらも話題と予告編に引かれて行ってきました。先にまず『キャシャーン』を……

CASSHERNオリジナル、知ってはいますが見たことないです、はい。なので、思い入れとかは全然ない分、背景知識も0。新造(しんぞう)人間キャシャーンじゃなくて人造(じんぞう)人間キャシャーンだと思っていたくらいだし。ついていけるかどうか不安だったのですが、なんとか最後まで寝ずについていけました。監督のPVを見たことがある人ならわかると思いますが、あのPVがそのまま映画になった感じでした。映画とPVは違うだろ~と見ながら思っていたのですが、あそこまでやられると天晴れとしかいいようがないです。確かに誰も「映画」では見たことのない映像になっていました。海外ではPV監督から映画監督に転進という話は昔からよく聞くのですが(有名どころだと、『マルコビッチの穴』をとったスパイク・ジョーンズですね。ビョークのPVなんかとっています)、『キャシャーン』ほどPVっぽさは出ていません。なので、PVと映画は違うと思い込んでいたところもあり、ある意味衝撃の映像体験でした。確かに予告編とかプレス向けのシーン写真とかそのまんま映像になっていたけど、まさか全編ああとは……宇多田ヒカルの『traveling』のPVを暗くした感じの映像というと極端すぎるかなぁ。

予告編でみたバトルシーンは確かにすごいものがありました。月を背景にしたジャンプシーンとかもすげぇ格好よかったし。ストーリーもそこそこひねりがあって楽しめました。ただ、お話の中盤にかなり重要なシーンがでてくるのですが、そこが100%理解できていなくて、後半のおいしいところを十分満喫できませんでした。だって白黒で映像なんかノイジーになっているしキャストの顔が似ているんだもんなぁ、と自分にぶつぶつ。

色の使い方がちょっと変わっていて、シーン毎に主たる色みたいなのがどうもあるみたいです。赤が基調のシーンがあったり、青・黄色・白などいろんな色が使われています。映画『トラフィック』でも同じような使い方がありました。あれは、3人のお話が同時平行で進むので、それぞれの主人公が出るシーンに色が関連付けられていましたが、こちらは主人公は一人で、話の単位で色が変わります。

戦争映画でもあり、父と子の話でもあり、ラブストーリーでもあり、正義論でもあり、今見るとイラク情勢に重なる部分も見え隠れする要素もあり、とてんこ盛りです。なのでちょっとおなかいっぱい気味。エンターテイメント映画だと思い込んで見に行ったので、意外にテーマが重くてびっくりでした。

オリジナルへのオマージュでしょうか、アニメのあのメットがちらっと出てきます。ほんとはかぶらせるつもりだったのでしょうか……あと、ロボット犬フレンダーはできませんが、フレンダーと名のつく犬がちらっとだけ出てきます。これもオリジナルへのオマージュかしらん。あと、ナレーションはオリジナルと同じ人だったみたいです(こちらにあるナレーションと同じ人がエンドクレジットで名前を確認できます)。

キャストは有名どころが結構出ていますが、寺尾聰が一番だったかな。役にぴったりはまっていて。あと、声がよかった~邦画で声がいいと感じる役者さんはあんまりいないのですが、今回の彼の声は役柄にぴったりあって印象に残りました。

画像はアニメのサントラです。映画のサントラ、まだ画像がなくて……アニメはこんな感じだったんですよねぇ。なんかDVDもでているらしいです。映画の影響で売れ行き伸びていたりするのかなぁ。


|

« When Seconds Count / Survivor | トップページ | スクール・オブ・ロック (School of Rock) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/790/493544

この記事へのトラックバック一覧です: キャシャーン (Casshern):

» 愛と恋。 [milkcocoa]
        連休は帰京した母たちと品川水族館へ行きました。イルカ・アシカショーをするプールもとても小ぶりでコンパクトな作りの水族館でした。酔いそうになる水中トンネルとサメの水槽はなかなかでした。楽しむことができるのはもう少し大きくなってからだと思う...... [続きを読む]

受信: 2006.03.27 10:46

« When Seconds Count / Survivor | トップページ | スクール・オブ・ロック (School of Rock) »