« キャシャーン (Casshern) | トップページ | グッバイ、レーニン! (Good bye, Lenin!) »

2004.04.29

スクール・オブ・ロック (School of Rock)

今日から公開の『スクール・オブ・ロック』を見てきました。この映画、珍しく週末公開開始ではなくて、GWの初日のみどりの日が公開初日。公開日を週末より前倒しして売り上げを伸ばしたかったのか知らん。劇場はそこそこの入りでした。

スクール・オブ・ロック スペシャル・コレクターズ・エディション内容は……ジャック・ブラック演じるデューイは、バンド活動ばかりに精を出し、収入0。家賃の催促を同居人の友人からされ、払わないと追い出すといわれる始末。挙句の果てにバンドからも首にされ、困っているところに、同居人の友人へ代用教員採用の連絡が。友人に扮して学校にもぐりこむが……という感じで始まります。後はもう予想どおりの展開です。正体がそのうちばれるのは折込んで見ていたのですが、予想しやすすぎる展開も時には苦痛になります。うまくすすんでいても結局はばれるんだろうなぁと思ってしまい、ちょっとむなしく感じるときもありました。最後は丸く収まるのも予想できてはいるのですが、それが楽しみで見にいったので満足でした。たとえていうなら『天使にラブソングを2』のロック版ですね。

欲を言えば、校長役のジョーン・キューザックや他の教師をもうちょと巻き込んでほしかったなぁ。特にジョーン・キューザックは後半かなりいい味を出してきたのでもったいなかった~スティービー・ニックスの"Edge of Seventeen"がかかる場面ではぜひ物まねをしてほしかった~!ドアーズの"Touch Me"やディープ・パープルの"Smoke on the Water"などもでてきたりします。The Darknessの"Growing on Me”もエンドクレジットに入っていたのでどこかかでかかっていたとは思うのですが、うーん、どこだろう?他にもロック好きな人ならくすりと笑ってしまうようねネタが満載です(当然全部はわからなかったのですが……)。

授業でロック史をやるところがちょこっとだけでてくるのですが、これはぜひ聞いてみたいと思いました。バンドの相関図っぽいのを黒板に書き、どれがどれに影響してスタイル(パンク、HM/HR……などなど)がどう変化していくのかを説明しているようでした。課題としてCD渡して聞かせるのには笑いました。キーボードにYesの『こわれもの』を渡したり、ドラマーにRushを渡したり、小技が聞いていました。

ジャック・ブラックはキャラが強烈なので私は少々ひいてしまうのですが。今回もまた強烈でした。いつでもあんなテンションなんですかね~『ロード・オブ・ザ・リング』の隠しメニューのひとつに、彼が出演したMTV Movie Award用の『ロード……』のパロディ版がありますが、これまた強烈です。怒る映画ファンもいたんではないかなぁ。今度はピーター・ジャクソンが監督する『キングコング』のリメイク版に出演するそうです。

【2004/04/30追記】
ネットをふらふらさまよっていたら、ロック史ネタサイト、ありました。かなり詳細な情報がこちらで得られます。やっぱおんなじことに興味を持つ人っているんだなぁと思いました。試験もちゃんとあります。いきなり本番は怖いので、模擬試験を受けてみました。5問中3問正解でした。まぁまぁというとこですか……あと、映画中のトリビアなロックネタを解説してくれるところもありました。一回見ただけだと絶対わからん、ここまでは。


|

« キャシャーン (Casshern) | トップページ | グッバイ、レーニン! (Good bye, Lenin!) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/790/511835

この記事へのトラックバック一覧です: スクール・オブ・ロック (School of Rock):

« キャシャーン (Casshern) | トップページ | グッバイ、レーニン! (Good bye, Lenin!) »