« 王の帰還 (The Lord of the Rings: The Return of the King) | トップページ | マトリックス・レボリューションズ (The Matrix Revolutions) »

2004.04.11

Metal Health / Quiet Riot

先週はこちらを。ずーっと前から持ってはいたのですがなぜか積読ならぬ積CD状態になっていて聞いていませんでした。こちらの収録の'Cum on Feel the Noize'が好きで買っていたんですが。いかんなぁ。

Metal Health [Bonus Tracks]'Cum on...'は、どの番組かは忘れてしまったのですが、ラジオかテレビでサビの部分が使われていてずーっと気になっていました。当時はネットがなくてどうやって探したのか覚えていないのですが、なんとかアーチストと収録アルバムを見つけて、その後輸入ショップをふらふらして見つけて入手しました。その後聞いていなかったんですよね~ヘビーメタルを聞く気持ちになかなかならなかったこともありますが。

そう、アルバムタイトルにあるように当時はヘビーメタル扱いだったんですよね。1983年の作品なので今からもう20年以上前。今聞いてみるとそれほどヘビーには聞こえないのも年月が経ったせいなのでしょうか。当時はこの音、ヘビーだったろうなと思う面影はありますが。今だと、個人的にはよっぼど、P.O.D.とかの方が重く感じます。あと、曲のスピードが今と比べると遅い感じが。今のロック系の曲は、音というのか展開というのかよくわかりませんが、全体的に早いんですよね、80年代と比べると。これもある種、打ち込み系やヒップホップの影響なのかなぁと思うことがしばしばあります。

こちらからは'Cum on...'がヒットしました。このバンドを知らなくてもきっとこの曲は知っている人がいるんでは?この曲のサビの部分、それくらい有名かと思うんですが。クロスオーバーヒットした曲でもあるので、ヘビーなだけではなくてポップな要素も盛り込まれています、この曲。アルバム全体としてはギターの音全開のハイトーンボーカルの曲満載です。HMやHRのボーカルってハイトーンが多いんですよね、なんか。低音の渋いボーカルってあんまりいなかったような。あ、サミー・ヘイガーは低音気味だったような気が。最近のロック系は音が違うこともあるのか、HM/HRのハイトーンばりばり、といった感じはあんまりしないように感じます。


|

« 王の帰還 (The Lord of the Rings: The Return of the King) | トップページ | マトリックス・レボリューションズ (The Matrix Revolutions) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/790/425548

この記事へのトラックバック一覧です: Metal Health / Quiet Riot:

« 王の帰還 (The Lord of the Rings: The Return of the King) | トップページ | マトリックス・レボリューションズ (The Matrix Revolutions) »