« グッバイ、レーニン! (Good bye, Lenin!) | トップページ | キル・ビル Vol.1 ( Kill Bill Vol.1 ) »

2004.05.05

アタック・ナンバーハーフ2/全員集合! (The Iron Ladies 2)

連休最後の日、明日からまた会社か~とブルーな気持ちになりそうなのを奮い起こすためにもこちらの映画を見てきました。「1」が単館ロードショーだったことを考えると、都内複数館でやっているのは恵まれているのだと思うのですが、六本木に出るのはちと面倒くさかったです。雨模様の天気だったのでそれほど込んでいなかったので助かりましたが。しかし、ヴァージンシネマズの場所わかりにくすぎです……あと、劇場の入り口にいたるまでのスペースに喫茶店/バーみたいなのを置くのはどうかと思います……映画を見に行く人/劇場から出てくる人も、食事をしている人も落ち着きません、なんか。

アタック・ナンバーハーフ 2 全員集合 ! デラックス版映画は続編ということもあり、できはまぁこんなところでしょう。「1」と比較してフィクション部分も増えているということでした。どれがフィクションでどれが事実なのかは全然わかりませんでしたが……お話は英語タイトルの副題「before & after」からも判るように、サトリーレック結成前と、国体優勝後を追ったものになっています。ジュンとチャイが中国に行ったピアに会いに行く道中で、結成前のことを振り返りつつ、ピアとあった後は、偽サトリーレックと対決するまでが描かれています。と書いていて思ったのは、これ、絶対「1」を見ていないと面白さ半減、いや、0になります……

キャラクターは、ウィット以外は前と同じ。ウィット役の人、何か事情があったんですかね~残念!チャイは相変わらずチーム中たった一人のストレートで苦労している姿が面白おかしく描かれています。本能でジュンをよけるシーンは笑えます。途中、ノンと仲直りするようジュンが忠告されるところがあるのですが、それに対してジュンが「成功が玄関から入ってくると、友情は裏口から出て行く」と言い、そのつもりもないことを伝えます。この台詞、タイ語でほんとはなんと言っているのかわかりませんが、うまいなぁと思いました。普通の会話では出てこないとは思いますが。

最近、タイ映画もいくつか日本で公開されるようになって来ました。いろんな国の映画が見れるのはうれしいことです(東京に限るのかもしれませんが……)。昨年はパン兄弟の『アイ』を見ましたが(正確にはタイと香港の合作らしいですが)、こちらも秀作でした。個人的には去年一番怖い映画になりました……あのエレベーターのシーンはすげぇ怖かった……単なるホラー映画ではないんですが。『アイ』は続編が作られるらしいのですが、imdbによれば、チャイ役のJesdaporn Pholdeeが出るとか。ほんとか~!

映画を見た後、特典見たさに「1」をレンタルしてきました。特典では、オリジナルのサトリーレックのメンバーが見られます。タイのテレビ番組の模様を収めたものですが、字幕がない!パッケージに断りは書いてありますが、これはちょっとひどいっす……音声確かに聞き取りにくいものがありますが、そのせいでうまく訳せなかったのかなぁ。

あ、画像は「1」のものです。なぜかamazon.co.jpで在庫が見つからなかったので、amazon.comへのリンクになっとります。

【追記 2005/03/14】
amazletでリンク張りなおしました。画像は「2」のものになっておりますです。


|

« グッバイ、レーニン! (Good bye, Lenin!) | トップページ | キル・ビル Vol.1 ( Kill Bill Vol.1 ) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/790/545702

この記事へのトラックバック一覧です: アタック・ナンバーハーフ2/全員集合! (The Iron Ladies 2):

« グッバイ、レーニン! (Good bye, Lenin!) | トップページ | キル・ビル Vol.1 ( Kill Bill Vol.1 ) »