« One Love / Blue | トップページ | Minute By Minute / The Doobie Brothers »

2004.06.20

ファイナルファンタジー8 ( Final Fantasy 8 )

ようやく終わりました『ファイナル・ファンタジー8』。買ったのはかなり前で、ラスボス直前まで行ってはいたのですが、やりこみ具合が足りない、ということでやり直していました。4枚組みということで、4枚目に行くと、行けない町とかができるなんて知らなくて、最初からやり直しました。足掛け4年以上かかったことになりますか、はぁ。

ファイナルファンタジー 8 ― オリジナル・サウンドトラック出た当初は予約だけでうん百万枚という驚異的な数字をたたき出していました。フルポリゴンつかった8頭身のキャラのRPGなんてそりゃ当時はすごいインパクトだったし、映像はスクウェアだけありめちゃきれいだし、CM見たら買いたくなるのが人間ちゅうもの。内容が学園ものというのが目新しくはありましたが、基本は変わらず。MPの概念が今回はなく、魔法を敵からドローしてそれを使うというのはなかなか面白いものでした。もうドローしまくり。ジャンクションも面白くてやたらめったら魔法をジャンクションしていました。

途中、レベル上げに専念していたら気がついたらメインキャラ3人レベル100になっていました……おかげでラスボスは一回で倒せたんですが、ラスボス戦長かった……いつ全員やられてしまうかどきどきもんでした。やり直すのはちょっとつらすぎたので、一発で倒せてホッとしました。

RPGは話を追うのが個人的には面白いのですが(この辺、映画に共通するものを感じます)、今回もまたべたべたな話ではありながら、最後まで面白く進めることができました。知り合いは、途中で主役のスコールの性格付けが180度変わってしまうのが厭だ、と言っていましたが、確かに。あそこまでがらっと変わってしまうとは……ま、変わらないと話が盛り上がらないのは事実なのでしょうがないですが。ただ、今回は、時間をネタに使っていることもあり、若干矛盾しているところが(というか、タイムパラドックス的な矛盾)気になりました。ゲームなので深くは突っ込みませんが、あの終わりかただと……

要所要所にはさまれるムービーはほんとクオリティが高くて見ているだけでわくわくさせてくれました。今回はムービーを背景にポリゴンキャラが動くという箇所がいくつかあって、映画でブルーバックを背景にキャストが演技をする感じを彷彿させていました。ゲーム全体が映画をすごく識している感じがしたのですが、技術的なところにも映画を意識させるところがあったのには驚きでした。

エンドクレジットも多分に映画的で、この後にスクウェアが映画に進出するのも納得でした。映画は興行的には失敗作となってしまいましたが、あのシナリオ、ゲームシナリオでリライトすればかなり面白いものになると思うんですが……

【2005/03/23追記】
なぜかamazonで画像が表示できません……他のシリーズは出るのに変だなぁ。ということでサントラの画像をはめ込んであります。ゲームのサントラは今では珍しくなくなりましたなぁ。映画のサントラみたいに大ヒット、というわけにはちょっといかないみたいですが。


|

« One Love / Blue | トップページ | Minute By Minute / The Doobie Brothers »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/790/807860

この記事へのトラックバック一覧です: ファイナルファンタジー8 ( Final Fantasy 8 ):

« One Love / Blue | トップページ | Minute By Minute / The Doobie Brothers »