« ピッチブラック (Pitch Black) | トップページ | Stronger Than Pride / Sade »

2004.08.04

デイ・アフター・トゥモロー (The Day After Tomorrow)

今週末に『サンダーバード』が封切られますが、アメリカではちょっと早く先週末公開だったようです。で、気になる興行成績ですが……トップ10圏外デビュー……日本での露出度からすると意外な気がしますが、どうもアメリカでは『サンダーバード』って知名度ないらしいですね。確かにイギリスのテレビシリーズが映画のベースになっているわけなので、アメリカでは知らない人がいても不思議ではないかと。この手の映画は、公開時にどっと稼ぐのが通常らしいので、この後のトップ10入りはむずかしいかも……予告編とか結構好きなんだけどなぁ。公開されたら見に行きたいなぁと思っとります。

デイ・アフター・トゥモロー 通常版数週前になりますが、ようやっと『デイ・アフター・トゥモロー』を見てきました。近所のシネコンで1番小さい劇場での上映だったのですが、満席でした。込んでいる劇場って久々でなんか新鮮な感じがしました。年配の夫婦連れから、中学生くらいの友達同士など、年齢層は満遍なくといった様子。今回は余裕を持っていったので比較的よい席で鑑賞とあいなりました。

さて、肝心の内容ですが、地球温暖化のための異常気象から氷河期へと突入した地球での生き残りをかけて奮闘する人々のドラマ、といった感じですか。前半は予告編などでばんばん流れていた特殊効果満載のシーンが次から次へと出てきます。氷の世界になってしまった後半は、ドラマがメインになっていきます。エメリッヒ監督、スペクタルシーンとったら最高なんですが、うーん、ドラマについてはちょっと掘り下げが足りなかったかなと。伏線もうまい具合に張ってあってそつなく撮っているんですが……『ID4』で感動してしまう人間が突っ込むところではないかも知れませんが……『ID4』なんてそれこそ判りやすすぎるくらいコテコテのベタベタのドラマだったからなぁ。

映画の冒頭に、デニス・クエイドの講演中に、地球温暖化がなぜ氷河期にいたる原因になるのか、という趣旨の質問がされるシーンがあるのですが、これは比較的多くの人が抱いた疑問だったのではないでしょうか。映画ではわかりやすく説明してくれます。映画では副大統領もちょっとしたキーパーソンで出てくるのですが、この人、パッと見、現副大統領のチェイニーさんに似ているような気がするんですが……気のせいかなぁ。政権担当者の企業よりの発言が映画の中ではしばしば見受けられたのですが、現政権への批判というのはいいすぎか知らん。

あ、あと、日本での異常気象のシーンも出てきます。巨大な雹が振るシーンなのですが、うーん、日本というより香港と日本を足して2で割った感じ……交わされる会話もそことなく日本語としてはあやしい感じがしました。日本が出てきてなんかうれしい、という感じよりもなんかいきなり現実(ああ、これはやっぱり映画なんだな)に引き戻された感が強かったです、あのシーンは。

これまで一緒に組んできたディーン・デブリンの名前が今回はクレジットに見当たりませんでした。今作では一緒に仕事しなかったようですが、うーん、なんかあったんですかねぇ。かなりいいコンビのようなイメージがあったのですが……この映画のテイストがこれまでのエメリッヒ作品と少々違うところも、デブリンがいなかったことと絡むのでしょうか。気になります。

日本では映画のテーマが地球温暖化への警鐘ということもあり、環境庁とのタイアップがあったようです。興行成績にはプラスに働いたのでしょうか。あと、環境庁としてはうまみがあったのか知らん。


|

« ピッチブラック (Pitch Black) | トップページ | Stronger Than Pride / Sade »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/790/1116027

この記事へのトラックバック一覧です: デイ・アフター・トゥモロー (The Day After Tomorrow):

« ピッチブラック (Pitch Black) | トップページ | Stronger Than Pride / Sade »