« Richard Marx / Richard Marx | トップページ | シュレック2 (Shrek 2) »

2004.08.15

サンダーバード (Thunderbirds)

Blog Hacks ―プロが教えるテクニック&ツール100選G-Toolsとamazlet、両方試してみましたが、自分の使い方だとamazletの方が便利でした。テーブルタグのないhtmlが出来上がるのが一番の理由。あと、altにアルバム名や書籍名を自動で付与してくれるのがすごく便利。前はaltの修正が面倒でそのままにしていたので、画像を指しても何も出ない状態だったのですが、今はアルバム名や書籍名が出る!些細なことですが、なんか感動。お礼に何かできるか知らんと思って作者のページを見てみると、よければ自分の書いた本の紹介をamazletで、あと、トラックバックも……とあったので早速(このタイトルでトラックバックするの、なんか気が引けてしまいますが……)。本はBlogのハッキングについてのものですね。うちの近所の本屋にはまだ並んでいないので手にとってはいないんですが、うーん、すごく興味があります。cocologベーシックなのでできることは限られているかもしれませんが、紹介されているテクニックできっと試してみたいものが山ほどありそう……これと一緒にamazonのハッキング本も買おうかなぁ。

あ、出来上がったタグについては、align属性の定義追加と画像ファイル名をちょこっといじっています。これも自動でできると最高ですが、それはいくらなんでも欲張りすぎですな>自分……

Thunderbirds (Original Motion Picture Soundtrack)予告編にかなり魅かれていた『サンダーバード』見てきました。テレビシーリズを見ていないのでそれほど思い入れはなかったのですが、逆にいうと、あのテーマ曲とどういう内容かくらいしか知らない状態。キャラ1人1人がどういう人物かもほとんど知らず、直前に雑誌などで情報を仕入れた次第。ふんふん、ブレインズはトレーシー兄弟ではないのか、など……こんな状態で見に行ったのですが……最高でした!

あのテーマ曲がオープニングで流れてくるのですが、アレンジされていても曲の雰囲気は変わらず(若干軽めかもしれませんが)わくわくさせてくれます。また、冒頭の救出シーンが終わるまでの間のテンポがもうめちゃめちゃよくてここだけでも見る価値ありました。映画自体は、末っ子のアランがIR隊員になるまでの成長を描いています。ほかの兄貴連中がほとんど紹介されずに終わってしまうので、あれ、という感じはありましたが、最後まで飽きずに楽しめました。こういう映画を待っていました~ぱーっと元気になれて、エンターテインメントに徹しているような映画。個人的にはまさにそのとおりでした。

トレーシー家の父親としてビル・パクストンが出演しているのですが、いや~格好よかった!『ターミネーター』にチンピラ役として出演しているころから比較的出演作を見ることが多くて、気になる役者ではあったんですが、今回の役、頼れる親父役として格好いいの一言でした。彼の"Thunderbirds are go!"、着うたにしたいぐらいですわ。『ER』のアンソニー・エドワーズもブレインズ役で出ています。イメージだいぶ違いますな……

アメリカでの興行成績を見ると続編の製作は難しそうですが、次回作できたらもう絶対見ます!今度はほかの兄弟にももう少し焦点をあててほしいなぁ。劇場においてあったチラシには細かなキャラ設定などあったのですが、映画には全然使われていなかったので、こんどはそういった設定もうまーく活かして。

【2004/08/16 追記】
うーん、ほかの感想見てみると、やっぱりテレビシリーズ見ていた人からすると違和感あるところも多々あるみたいですね。テレビシリーズをほとんど知らない状態だったから思いのほか楽しめたのかも。思い入れみたいなものがあったら多分駄目なところとかもあったんだろうなぁ。昔、『ミッション・インポッシブル』の感想を、テレビの『スパイ大作戦』が好きな人と交し合ったら、全然反対だったもんなぁ。なんかそれと似てる…『ミッション・インポッシブル』もやっぱりはまった私……


|

« Richard Marx / Richard Marx | トップページ | シュレック2 (Shrek 2) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/790/1202040

この記事へのトラックバック一覧です: サンダーバード (Thunderbirds):

« Richard Marx / Richard Marx | トップページ | シュレック2 (Shrek 2) »