« アナコンダ (Anaconda) | トップページ | ヴァン・ヘルシング (Van Helsing) »

2004.09.29

本の雑誌10月号

今月の『本の雑誌』の特集は「怒りの秋・復讐編」と題して活字媒体とその周辺に関する怒りの投稿を集めたものでした。なかなか面白いものが多く、うんうんそのとおりと頷くものもいくつかありました(うわぁこれ俺やってるよ……というのもありましたが……)。

その中でも特に力強く頷いてしまったのが、吉野仁さんが書かれている「大人の男よ、本を買え、ハードボイルドに涙せよ!」というもの。そうなんだよなぁ、会社入ってから回りで小説読む人、すごく少なく感じるんだよな。上司の机の上にあるのが歴史薀蓄っぽいのでがっくりくきたことも何度か。ビジネス書は皆さんそれなりに読んでいるみたいなんですが、小説も読もうよ~

って私はあまりにビジネス書読まなさ過ぎでそれはそれでまずいような気もしますが。でも幼児期(っていうほど幼いころの話ではないですが)の刷り込みで、なんかあの手のハウツーものの延長線にある本ってどうしてもなんかイメージ悪くて……いや、単純に昔読んだミステリ小説で、犯人の家の家宅捜査をしたらハウツーものばっかりある本棚があって、行過ぎた向上心がこんなことに……みたいなところがあって、それ以来なんか自分の中でイメージ悪くて。いい加減読まず嫌いやめたほうがいいのはわかっているんですがこれがなかなか……いかんなぁ。

coverあ、ちなみにハードボイルド小説って読んだ記憶が……もっぱら最近は海外ミステリばっかなもんで。ロバート・B・パーカーのスペンサーものを高校か大学のころに1冊読んだことありますが、これってハードボイルドに入るんでしょうか。ハードボイルドってめちゃ憧れなんですが、タバコも酒も嗜まない自分には手の届かない夢みたいな感じですな。

と、小説好きを自認している割には全然本読めてません……映画ネタばっかだしなぁここも。職住近接過ぎて通勤時間は新聞読むのがやっとだし、週末は映画やDVD見てばっかりいるんで家で本をゆっくり読むことも少なくなってきたし……休日に喫茶店で本を読むことがたまーにあるくらい。なので読み始めてから終わるまでえらい時間かかります。今読んでいるのも読み始めて一ヶ月経つのにまだ上巻だけ(下巻で終わりだけど)。ようやく取れる今度の夏期休暇(もう秋ですが……)でどれくらい進むかなぁ。


|

« アナコンダ (Anaconda) | トップページ | ヴァン・ヘルシング (Van Helsing) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/790/1545969

この記事へのトラックバック一覧です: 本の雑誌10月号:

« アナコンダ (Anaconda) | トップページ | ヴァン・ヘルシング (Van Helsing) »