« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004.11.20

エアフレーム / マイクル・クライトン

iTunesでのDVDバックアップ、先日再度挑戦してみました。やっぱり同じエラーが……今回は試しに別にマシンでもやってみました。すると……全く問題なし。となると、エラー出るマシンに入れているドライバか何かとの相性のせいなのか知らん。DVD-RAMのドライバか、はたまは他のDVDオーサリングソフトか(複数はいっているんだよなぁ……)。どれが悪さしているかの解析は面倒なので、しばらくは焼く必要があるときは代替機でやることにします。どっかに解答落ちていないか知らん。

エアフレーム―機体〈上〉えーっと『エアフレーム』読み終えました。今作では飛行機事故を扱っているのですが、正直、あらすじを読んだときはそれほど魅力を感じませんでした。なので、文庫になっても買わずにほったらかし。嗚呼、昔は講演会に行くほど大ファンだったのに……が、『タイムライン』を読んで、やっぱりクライトン最高~!となり、こちらを読んでみようと相成りました。

飛行機事故に社内の権力闘争も絡ませつつ話は進みます。中国との大きな契約を控えるなか、ノートン社製の飛行機で事故が発生。契約まで時間がない中、調査チームはわずか1週間で原因を明らかにせねばならなかった……一気に読者を引き込む展開の速さは相変わらずです。冒頭の事故のシーンからぐいぐい読者を小説の世界に引きずりこんでゆきます。

上下本ですが、それほどボリュームはありません。内容が面白かったためあっという間に読み終えてしまったのですが、それにくわえておそらく分量もそれほどではなかったように思います。文庫をあとからぱらぱら見てみると結構改行が多くすかすかなイメージが。中身はすかすかではないのでその点は心配いらないのですが。

今回は飛行機事故が主たるテーマ。これまた複雑な飛行機というシステム及び事故調査プロセスをわかりやすく読者に提示してくれています。とっつきにくそうなテーマをわかりやすくし、さらにそれを娯楽小説として作り上げるクライトンのテクニックはこの作品でも見事に発揮されています。専門家からは突っ込みどころが満載なのかもしれませんが(あとがきで航空専門家の人がコメントを寄せているのでそれほど満載ではないのかも)、全くのド素人が理解できる書き方でとても興味深く読むことができました。

エアフレーム―機体〈下〉例えばエンジンと飛行機本体の話。航空会社が飛行機をエアバス社やボーイング社から買うとき、丸ごと一式納品されると思っていましたが、これちょっと違うんですな。書き方がちょっと乱暴ですが、要はエアバス社やボーイング社は本体を作るだけでエンジンは別会社のものを使う、というのが普通らしいです。エアバス社やボーイング社はあくまでもボディ部分を作り、エンジンは航空会社が指定したものをつけるらしいです。知らんかった~言われると確かにそうだったかもと思ってしまいました。時々ニュースになる次期戦闘機、図解を見ると、ボディはどこが作ってエンジンはどこそこ製、といろんなパーツが組み合わさっていたっけ。民間機も同じだったわけですな。となると、エンジントラブルで緊急着陸、とかいう場合に、エアバス社やボーイング社を攻めるのはお門違いの可能性もあるということ。なるほど~いずれにせよ、事故があると航空会社のイメージが真っ先に悪くなることには変わりありませんが……

あと、昨今の航空料金の引き下げ。これも一消費者としては非常にうれしいことなのですが、この本を読むと、どうも手放しでは喜べそうにもないです。確かに航空料金引き下げのために人件費等々を航空会社が削っているのは理解しているつもりでしたが、そのツケは実は消費者も払わされているとは。ツケを払う、というよりもリスクを負う、といった感じですな。人件費の削減の波は消費者の目に見えるパイロットやスチュワーデスだけではなく、整備関係の人にも当然押し寄せている訳ですが、その分、整備が昔と比べるとおろそかになっている可能性をこの作品は示唆しています。となるとそれだけ事故の可能性が増えるわけで……ロンドンまで8万円!わーお!と素直に喜んでいる場合ではないのかも……

と、『エアフレーム』を読むと飛行機恐怖症になりそうですが、逆に、フライトってこんなに安全なんだ~と教えてくれるところもあります。飛行機事故で1年間になくなる人の数は自動車事故でなくなる人の数と比べると桁違いに少ない、とよく言われますが、ちょとそれだけだと心もとないのも事実。『エアフレーム』にも同様の説明をしている箇所がありますが、それ以外にも、飛行機には万一事故が起きても大丈夫な仕組みが二重三重にも施されている、と説明されている箇所があります。これを読むと安心して飛行機に乗れる気になりますから不思議。

飛行機がかなり緻密に設計された機械であることもわかりました。あれだけうるさく、電気機器は切ってください!といわれる理由がなんとなくわかりました。でも、これもそのうち変わってくるんでしょうか。最近の飛行機は機内でネットができるくらいだからなぁ。

クライトンの小説に登場する人物はステレオタイプが多いと一部で言われているらしいですが、言われてみればそうかも……ただ、読んでいるときは全然気になりませんでした。サスペンス小説としても読むことができるこの作品、機会があれば一度どうぞ。ただし、フライト中に読むのはお勧めしませんです……


| | トラックバック (1)

2004.11.08

キャットウーマン (Catwoman)

サイドバーを整理してみました。linkは個人的な備忘録的意味合いが強かったのではずし、カレンダーも表示する意味があまりないのでやめました。バックナンバーはどんどんながーくなってしまうので「About This Site」の中の1リンクとしました。うーん、それでも長い……個人的には1記事を表示したときに、記事より下にだらーんと伸びないようにしたいんですが……もうちょっと整理が必要かも。

Catwoman 2005 Calendar: Starring Halle Berryえーっと、『キャットウーマン』見てきました。ハル・ベリー主演・ピトフ監督で製作中、と聞いたときからそれなりに期待して公開を待っていたのですが、一足先に公開されたアメリカでの評判が芳しくなかったようで。ハル・ベリーはこれでちょっとキャリアがヤバくなりかけているので、X-MENのストーム役を引き受けるんではないか、という憶測も流れました。このニュースはX-MENファンとしてはうれしいのですがちょっと複雑。キャストはこれで仮に前作と同じになったとしても監督がなぁ……変わりそうなんだよなぁ。

と話が横にそれてしまいましたが、映画自体はまぁこんなもの、平均点レベルでは。敵役に久しぶり感漂うシャロン・ストーンが配されていますが、うーん、敵役としてはちょっと。演技が悪いとかいうのではなくて、敵としての身体能力がキャットウーマンと比肩するほどではないという点が。なのでラストの盛り上がりが今ひとつだったかも。あの能力だけだと負けるよなぁ、普通。あと、シャロン・ストーンが旦那にひっぱたかれるシーンがあるのですが、ひっぱたいた旦那がなぜかびびります。わたしゃこれ見て、あれ、シャロン・ストーンがエスパーにでもなったのか知らん、と思ってしまい、いつその能力を発揮するのか途中まで期待してわくわくしていました……実際にはそういう意図のシーンではなかったんですが、うーん、よくわからんかったです。吹き替えだったらちゃんと理解できたのか知らん。

ペイシェンスが勤める会社の社長役として、マトリックスシリーズでMerovingianを演じていたランバート・ウィルソンが出てきます。この人見たことある~と途中から気になってしょうがなかったのですが、終わる前までにはなんとか気がつきました。最近すぐ思い出せないと映画見ている最中気になってしょうがなくって……いかんなぁこんな見方……

ハル・ベリー演じるペイシェンスの彼氏役としてベンジャミン・ブラットが。こういう、女性を引き立てる役をやらせるともうピカイチですな。サンドラ・ブロックと共演した『デンジャラス・ビューティ』でも、彼女のパートナーとしていい味出していたし。今回は誠実そうでなおかつ男らしい役柄で、配役としてはぴったりでした。今作で一番よかったのは彼だったかも知れません。ジュリア・ロバーツはこっちとくっついていたほうがよかったんじゃないかなぁ。

キャットウーマンはバットマンシリーズのスピンオフ企画な訳ですが、『バットマン・リターンズ』ではミシェル・ファイファーが演じていました。前半のペイシェンスの設定は『リターンズ』のミシェル・ファイファーの設定に近いものがありました。ただ、ミシェル・ファイファーのキャットウーマンの方がなんとなく哀愁が漂うというか、暗いというか。キャットウーマンのあのコスチューム、ハル・ベリー版ではいつの間にか出てくるのですが(おそらく自分で作ったという設定だと思うんですが)、ミシェル・ファイファー版では、ミシンでしこしこ自分で縫うシーンが出てきます。片やバットマンは金持ちでスーツもいっぱい持っている、というシーンとの対比になっていたわけですが、ハル・ベリー版と比べても、あのミシェル・ファイルファーのミシンで縫うシーンは涙を誘います……キャットウーマンがあらわす女性の二面性をどちらもうまく描いていますが、ハル・ベリー版の方が強調されています。やっぱ今回は主役だもんなぁ、キャットウーマンが。

キャットウーマンつながりでミシェル・ファイファーがチラッとでてくるらしい、と聞いていたのでどこに出てくるかなぁと思って見ていたのですが……ひょとして「あれ」ですか?動いている役として出ると思っていたのですが……それとも自分が見つけられなかっただけなのか知らん。気になる~


| | トラックバック (1)

2004.11.03

ヘルボーイ (Hellboy)

『エクソシスト・ビギニング』を見に行こうと思っていたのですが、昨日でロードショー公開が終わりだったなんて……がっくり。どっか一つくらいやっているところがあるだろうと、いけそうな映画館全部チェックしてみたのですが、どこもやっていない……『キャットウーマン』が今日から公開なので、そちらにスイッチしたようで。今日は確かにお休みですが、水曜日です。映画の公開は土曜日から、というのはもう時代遅れなのか知らん。『スクール・オブ・ロック』も確か土曜日公開じゃなかったし。もうちょっとちゃんと公開スケジュールチェックしないとだめだなぁ。

Hellboy (Original Motion Picture Soundtrack)見たのは大部前なのですが、今回は『ヘルボーイ』を。ギルレモ、あいや間違えた、ギレルモ監督は、ファンタで見た『ミミック』以来のファンで(ファンなら名前間違えるなよ……orz)、こちらの作品、心待ちにしていました。アメリカでの公開からずいぶんと待たされましたが、無事公開されて何より。やっぱりこういう映画は映画館で見たいからなぁ。

お話は単純明快。ロン・パールマン演じるヘルボーイの活躍を描いています。FBI(それともCIAだったかなぁ……)の特殊チームの一員という位置づけで、他にも特殊能力をもったキャラクターが出てきます。セルマ・ブレア演じるリズは炎を扱い(自分でコントロールできないところがミソですが)、エイブはサイコメトリック的な能力を持っている、てな感じ。

エイブがかなりこったデザインで、どう活躍するか、予告編で見たときから気になっていたのですが、前半にそれなりの活躍を見せてくれます。首につけている物体がすごーく気になったのですが、あれ、エイブ向けの酸素タンク(水タンクか、それとも)みたいなもんなんですかね。水中生活する設定だからそう思ったんですが、違うのか知らん。それにしてもあのメイクをした人、大変じゃなかったかなぁ。ロン・パールマンのメイクも大変そうですが。

リズは原作のアメコミにも出ているキャラらしいのですが、監督がもっとイメージを膨らませて映画用のキャラクター向けの設定にしたようです。翳りのあるセルマ・ブレアがこれまたよくて。ヘルボーイが心を寄せるのですが、その辺のやり取りもまたいい感じで。今回はちょっと中途半端な活躍と感じたので(あの設定だとしょうがないですが……)、次回でスマートな活躍を期待したいと思います。

敵役もかなりユニーク。ロシアの怪僧ラスプーチンが敵という設定なのですが、それに従うキャラとして、ナチスドイツの軍人クロエネン(英語表記だとKroenenだからクローネンだと思ってました。だって"oe"はウムラウトのöだから長音かと……)が出てきます。こちらの役、まさにギレルモお好み(?)のビジュアル設定で、人によってはうげぇとなるかも。感情を一切出さないので(マスクしているので表情が全然わからない)、そこもまた冷徹さを思い起こさせいい味付けになっていました。

『ヘルボーイ』はギレルモがずーっとやりたいと思っていた企画らしいのですが、今作のヒットで次回作の製作も予定されているとか。こちらもギルレモによる監督作になるようですが、今から楽しみ~キャストはぜひとも今回と同じ人でお願いします。おそらくロン・パールマンは絶対続投だと思いますが。監督の頭は最初から、ヘルボーイ役はロン・パールマンしかいない!という状態だったようですし、ロン自身もこの役気に入っているみたいだし。ギレルモ監督と組むのはこれで確か3度目のはずで、次回作が出来上がったら4度目か。きっとお気に入りの役者なんだろうなぁ。

それにしてもいろんな映画でていますな。ロン・パールマン。ギレルモの『クロノス』はメキシコ時代の作品ですが、これにも出ているし、あと、ジャン・ピーエル・ジュネ監督のフランス映画『ロスト・チルドレン』にも出ているし。これが縁だかどうかは不明ですが、ジュネの『エイリアン4』にもでているしなぁ。インターナショナルな活躍、かっこいいの一言です。

アメリカでは一足先にDVDが出ていますが、ディレクターズカット版があるようで。こちら3枚組みでかなりのボリューム。日本でもぜひ出してくれぃ。アメリカと同じ仕様でお願いしまーす。


| | トラックバック (4)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »