« ...Baby One More Time / Britney Spears | トップページ | スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー (Sky Captain and the World of Tomorrow) »

2004.12.25

男性誌探訪 / 斎藤美奈子

仕事帰りにoazo丸善によってみたらものすごい人の数。なんか列をなしているのでライブか握手会でもあるのかなぁと思ったのですが、違いました……ミレナリオに行く人みたいだったようです。イルミネーションとかにあんまり興味がなかったので私はよらずに帰ってきたわけですが、寒い中みんなすごいなぁの一言です……ミレナリオってほんとすごい人気なんですな。

実録 男性誌探訪前から読みたかった『男性誌探訪』、無事読み終わりました。AERAで連載していたコラムをまとめたものなのですが、いやぁ面白かったです。連載を一度読んだことがあり、その際もうめちゃめちゃ笑わせてもらいました(何の雑誌が取り上げられていたかよく覚えていませんが……)。以来ずーっと気になっていたのですが、単行本になったと聞き、いつかは買うぞ!と決めていて、先日漸く手にしました。

タイトルどおり内容は男性向け雑誌を取り上げて批評(批評は大げさかも……)するものです。著者が女性ということもあり、女性ならではの観点からの切り口がこれまた新鮮というか言い得て妙というか。たとえば『週刊ポスト』では、ヘアヌード写真を載せつつ、中ではセクハラを糾弾するような記事を載せて、頭が腸捻転でも起こさないのが不思議、とか、『日経おとなのOFF』は妻以外の女性と楽しむ(を口説く)ためのマニュアル雑誌、とか、もう頷くほかない指摘満載です(女性で『日経おとなのOFF』を熱心に読んでいる人もいたりするんですが、そう言う人はこういう知識をもった人と出かけたいという希望があるのか知らん)。熱心に読んでいる読者からすれば失礼極まりない指摘かもしれませんが、くすりと笑ってしまう指摘でもあるのも事実。

全部で31誌取り上げられていることもあり、その中には昔良く読んでいた雑誌もありました(今定期的に読んでいる雑誌はなかったけど)。『TARZAN』とか学生時代読んだっけなぁ、とか、『エスクァイア』を読んではああいったライフスタイルにあこがれったけ、と昔を思い出してしまいました。この本の中では結構な言われようでしたが……

男性誌として取り上げられている雑誌の中には、あれ、というものもありましたが(『サライ』は読者投稿とかみる限り、取り上げられている雑誌の中では女性読者の率が高いような気がします)、『月刊へら』とか『丸』まで取り上げているところに、メジャーな雑誌だけに偏らないバランスの良さを感じました。

この中では取り上げられていませんでしたが、『日経ビジネス』と『GQ』もやって欲しかったなぁ。

この本は男性誌がネタでしたが、当然、女性誌も気になるところ。実はもともとは女性誌ネタが先で、男性誌ネタはその続編的な位置付けだったようです。斎藤氏の『あほらし屋の鐘が鳴る』では女性誌が取り上げられているとのことなので、本屋でチェックしてみようっと。

日本で出ている雑誌は少なくとも1冊は買ってやる!というような方(昔の俺だ……)、なんか日本の男性向け雑誌ってセンスないよね、と漠然と日本の男性雑誌編集に不満をお持ちの方なら楽しく読めるのではないでしょうか。


|

« ...Baby One More Time / Britney Spears | トップページ | スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー (Sky Captain and the World of Tomorrow) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/790/2374560

この記事へのトラックバック一覧です: 男性誌探訪 / 斎藤美奈子:

» 「口パク」疑惑で大ブーイングを浴びるブリトニー・スピアーズ [総合情報ニュース徒然草]
 最近は何かと話題に事欠かないブリトニー・スピアーズだが、今回は久々に行われたライブでの口パク疑惑に非難が集まっているとのこと。  今回のライブについては、結婚、出産、離婚、坊主騒動(?)などを経ての久々のライブだっただけに、ファンが期するところも大きかったのだろう。  記事本文にもあるように、ブリトニー・スピアーズの口パクは以前からファンの失望の元だったが、復帰ライブのような形の今回こそだからという思いも多かったはず。  筆者も以前は(今でも?)ブリトニー・スピアーズのファ...... [続きを読む]

受信: 2007.05.21 17:18

« ...Baby One More Time / Britney Spears | トップページ | スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー (Sky Captain and the World of Tomorrow) »