« 怪獣の名はなぜガギグゲゴなのか / 黒川 伊保子 | トップページ | Lara Fabian / Lara Fabian »

2005.03.13

追跡者 ( U.S. Marshals )

iTunesが壊れた~再生するとエコーがかかったような感じになり、音が割れる~!再生中か録音中かもはや記憶がショックでおぼろげですが、iTunesを使っている最中に外付けディスク(ここに全部ファイルが入っています)にのHDDの電源コードが外れたせいかしらん。現在試行錯誤で対応中。他のアプリだとちゃんと再生できるっちゅうことはHDDは壊れていないということで、ということはiTunesが壊れたとしか思えないですなぁ。再インストールしましたが、今のところ駄目。うーん……

追跡者 特別版気を取り直して。週末は『追跡者』を見ていました。これ、DVDソフトが出始めのころに買ったやつだったんですが、長いこと放置していました。漸く封を切って鑑賞。これ、まだケースの角がとがったタイプで今みたいな角が丸いタイプではなかったんですな。チープだよなぁと思っていたら、あっという間に今のタイプになりました。

ハリソン・フォード主演の『逃亡者』の続編ということで、前作で査官を演じたトミー・リー・ジョーンズが再度登場、主役をはっています。今度追いかけられる役は、ウェズリー・スナイプス。他に、捜査に協力する役としてロバート・ダウニー・Jr.、トミー・リー・ジョーンズの部下役としてジョー・パントリアーノ。トミー・リー・ジョーンズの部下役は前作とどうも同じようなのですが、うーん、当時、ジョー・パントリアーノが出ていたとは全然気がつきませんでした。彼を意識し始めたのは『マトリックス』以降だからなぁ。

お話は、犯罪者を輸送中の飛行機(コン・エアーですな)が墜落。そこからウェズリー・スナイプス演じるシェリダンが逃亡。トミー・リー・ジョーンズが演じるジェラードが追跡を開始するが、シェリダンはただの犯罪者ではなかった……と基本は前作とおなじ。展開も結構似ています。なのでハラハラドキドキ感は前作ほどではないですが、それでも十分楽しめる作品となっているかと。

特別編ということでおまけがついています。メイキングがちょこっとと、他に連邦捜査官の歴史なども。あと、静止画で関連作品の宣伝が入っています。今と違ってこれまたチープなつくりです。試行錯誤しながら今のような凝った見せ方のメニューやメイキングになっていったんでしょうなぁ。今はあまりに凝りすぎて、最初の画面をスキップしたくても操作できなかったりと自由度が減ったような気もしないでもないですが……

あと、これ、両面ディスクでした。ワーナーって両面ディスクを昔いくつか出していましたが(確か『エクソシスト』も当初両面ディスクだったような)、これやっぱり使いにくいですね。どっちがA面がB面か一発でわかりにくいし(小さな字で書いてありますが読みづらい……)。1層で作成されているので画面が一瞬止まることなく映画が楽しめるのはいいのですが。この両面ディスク、今ではおそらく出回っていないと思いますが、一瞬画面が止まらないメリットよりも、両面ディスクのであることのデメリットの方が大きいと判断されたんでしょうか。映画鑑賞時に画面が止まらない方がうれしい気もしますが、うーん、難しい……DVDを楽しむ主なライトユーザーは遅らく一瞬画面が止まっても気にしないんでしょうなぁ。ちゃんとお断りもジャケットに書いてあったりするし。それほど気になる方ではないですが、でもやっぱり気がついちゃいますね、画面止まる瞬間。画面がブラックアウトするところで切り替わり見ている人に気づかせないなど、うまーくやってくれるとうれしいんだけど、そううまく映画が毎回出来ているわけでもないしなぁ。


|

« 怪獣の名はなぜガギグゲゴなのか / 黒川 伊保子 | トップページ | Lara Fabian / Lara Fabian »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/790/3284584

この記事へのトラックバック一覧です: 追跡者 ( U.S. Marshals ):

« 怪獣の名はなぜガギグゲゴなのか / 黒川 伊保子 | トップページ | Lara Fabian / Lara Fabian »