« Affirmation / Savage Garden | トップページ | シャーク・テイル (Shark Tale) »

2005.03.06

プレデター (Predator)

ココフラッシュphoto、始まったみたいですな。どれどれ、どんなもんかいな~とのぞいてみると、ジャンルごとに画像を自動的にとってくる仕組みみたいですな。ジャンルごとにどれくらい画像があるかも一覧できるのですが、この画面、なんかに似ているなぁ、と思ったら、flickrとかTechnoratiにある、タグごとにどれだけ該当の記事・画像があるかを示す画面に似ているんですな。画像の多いジャンルはフォントがでっかく、画像があまりないジャンルはフォントが小さい、というところがそっくり。ココフラッシュphotoはまだベータ版とのことですが、今後どうなっていくのか知らん。

プレデター『プレデター2』と一緒に買った『プレデター』、漸くこちらも封を切り鑑賞しました。もう何度も見ているので今回は英語字幕で見たのですが、字幕の切り替えのところであれ、と思うことがありました。今回買ったバージョン、日本語吹き替えが入っていないんですな。いまどき珍しいなぁ。その分安くなっているのか知らん……

あらすじは、シュワルツェネッガー率いる部隊が要人救出のためゲリラ施設を急襲するが、その帰途、彼らを襲う何者かが現れる。また一人また一人と倒れていく中、最後に現れるその正体とは一体……てな感じですか。公開当時はプレデターの正体が結構な秘密扱いで、くれぐれも正体はばらさないように、とかいう感じだったように記憶しています(記憶違いかもしれませんが)。今はもうエイリアンなことはおおっぴらな事実ですが。なんの予備知識もなく映画を見ていると、新型の兵器を搭載した人間?と思うこともなくはないですが、大体途中で、人間じゃないよなぁこれ、とみんな思うことでしょう。

監督は『ダイ・ハード』をとったジョン・マクティアナン。『プレデター』は『ダイ・ハード』よりはさすがに売れはしませんでしたが、今見ても展開の早さやストーリー展開などに無駄がなく、あの怒涛の展開の『ダイ・ハード』につながるものを感じます。

『プレデター』は前半普通のアクション映画、後半SFアクションスリラー映画と1つで二つ楽しめるのですが、よくうまくいったよなぁというのが正直な感想です。大体こういう風にあれもこれもと詰め込むとうまくいかないことが多いのですが(うまい例がすぐに浮かびませんが……)、『プレデター』に関しては当てはまらなかったようです。続編まで出来てまうとはかなり売れたんでしょうなぁ。

ラストでは放心状態で立ち尽くすシュワルツェネッガーがでてくるのですが、これも結構意外でした。マッチョでヒーロー役がおおい彼ですが、この作品に限ってはラストになり非常に人間くさくなります。放心状態のシュワルツェネッガーなんてほかにあったかなぁ。

この映画、今見返すと州知事経験者が二人も出ているという興味深い点もあります。言わずもがなですがシュワルツェネッガーは現カリフォルニア州知事。それに、元ミネソタ州知事のジェシー・ベンチェラ(彼は映画俳優になる前はレスラー)。州知事経験者が二人も出ている映画って、ドキュメンタリー以外だとそうないんじゃないかんなぁ。そういった意味でも貴重な作品。


|

« Affirmation / Savage Garden | トップページ | シャーク・テイル (Shark Tale) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/790/3199643

この記事へのトラックバック一覧です: プレデター (Predator):

« Affirmation / Savage Garden | トップページ | シャーク・テイル (Shark Tale) »