« プレデター (Predator) | トップページ | 羊たちの沈黙 ( The Silence of the Lambs ) »

2005.03.06

シャーク・テイル (Shark Tale)

期限がもうすぐきそうな映画無料券があったので久方ぶりに映画館へ。東急系の109シネマズでは、会員になると6回見れば1回映画鑑賞が無料になるんですな。毎回レイトショー1200円で見たとすると、1回当たり1000円ちょいで見れる計算。これはお得だわ~女性で毎回女性の日に見たと仮定すると、1回当たり1000円切りますな。すごいわ。

Shark Taleということで映画館に行ったのですが、うーん、積極的に見たいのがない……『THE JUON』が見たかったのですが時間が合わず断念。他に見るとすると……『シャーク・テイル』か。ということで消去法とういあまり積極的ではない方法で選んだ映画になりました。なんか最近見たい映画がないんだよなぁ、しくしく。

映画は、ひょんな勘違いから、みんなに恐れられているサメを退治したと一躍人気者になるオスカーと、草食主義のサメ、レニーをめぐるお話です。声優陣がすごかったのかそれとも話が受けたのか不明ですが、アメリカでは大ヒットしました。日本ではどうなんですかね~今週中には興行成績がでるかと思いますが、『ワン・ピース』に勝てたのか知らん。映画館は行ったシネコンの中で一番小さい劇場だったんですが、がらがらでした……

声優がかなり豪華で、オスカー役にウィル・スミス、レニー役にジャック・ブラック、その父親役にロバート・デ・ニーロ、オスカーの上司役でマーチン・スコセッシ、オスカーの彼女役でレニー・ゼルウィガー、オスカーに言い寄ってくる役でアンジェリーナ・ジョリー、とまぁすごい面子。日本語吹き替え版もこれに負けじとかなりすごい面子持ってきていますが、今回は字幕版での鑑賞。日本語吹き替え版はどんな感じだったのかなぁ。

オスカーはフレッシュ・プリンス時代のウィル・スミスのようで、兎に角喋り捲り。これ、吹き替えはかなりしんどかったんではないでしょうか。おまけにオスカーのキャラはウィル・スミスをデフォルメしたようでそっくりで。オスカーに限らず、他にも声優そっくりなキャラは随所に見られます。ジャック・ブラックが演じたレニーはそれほど濃いキャラではなく、むしろ気弱な感じで、ジャック・ブラックとはあまりイメージが重なりませんでした。似てなかったし。デ・ニーロはもうそのまんま、といった感じでした。

どれもオリジナルを見ていないので推測の域をでませんが、映画のパロディっぽいところもいくつかありました。あれは多分『ゴッドファーザー』で、あれは多分『シービスケット』ではないかなぁ……他にもあるかも知れません。

日本人から見ると今ひとつキャラがいけてないのが気になりますが、お話としてはまぁまぁ。ハッピーエンドで安心して見られるかと。エンドクレジットに若干の工夫があり、映画に出てきたキャラがエンドクレジットが流れている間あれこれいらんことをしゃべります。

繰り返しになりますが、ドリームワークスのCGアニメ映画のキャラはどこか日本人のツボをはずすように作られているように感じるのですが、今回一番よかったキャラはレニーでした。あの図体で気弱な感じがツボに来ました。他はどうもなぁ……マーチン・スコセッシのはりせんぼんもよかったけど。気になるのは、はりせんぼん、起こると声がドナルドダックのようになるんですが、あれもマーチン・スコセッシなのかしらん。


|

« プレデター (Predator) | トップページ | 羊たちの沈黙 ( The Silence of the Lambs ) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/790/3200536

この記事へのトラックバック一覧です: シャーク・テイル (Shark Tale):

« プレデター (Predator) | トップページ | 羊たちの沈黙 ( The Silence of the Lambs ) »