« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005.04.10

Third Eye Blind / Third Eye Blind

PCの調子がなんか悪いです。ココログに書き込んでいるときに落ちるなよぉ。書く気が失せる~PCが起動しなくなる前に修理に出すか買い換えるか……うーん、悩む~

Third Eye Blind今週は Third Eye Blind のファーストでセルフタイルアルバムの "Third Eye Blind" を聞いていました。比較的最近の作品のような気がしていたんですが、これ、1997年のアルバムなんですね。もうそんなになるのか~でも、あまり古さは感じません。

こちらのアルバムからは、'Losing a Whole Year' 'Jumper' 'Graduate' 'Semi-Charmed Life' 'How's It Going to Be' がシングルカットされました。うち、'Semi-Charmed Life' が全米4位につくヒットになっています。この後もコンスタントにアルバムを発表しているようですが、どうもデビュー作ほどはヒットしていないようで。

日本での知名度も今ひとつかも。ファーストアルバムのヒットを受けて、日本盤のセカンドアルバムをレコード会社が比較的強めにプッシュしているような感じがしたんですが、本国での売り上げがあまりぱっとしなかったこともあり、思惑どおりにはいかなかったようでした。デビュー作のこちらのアルバムは決して悪くないと思うんだけどなぁ。

影響を受けたアーティストはPearl Jam や Foo Fighters らしいのですが、確かにそんな感じも。どちらかというと、Semisonic や Matchbox Twenty をもっと泥臭くした感じというか、もっとロック色強くしたという感じでしょうか。ギターが結構主張するタイプとでもいったらいいのか知らん。

シングルカットされた曲は確かに聞きやすくキャッチーな感じが。シングルカットされなかった曲でも、'London' のような印象的な曲もあり、それなりに聞き応えのあるアルバムであります。でも、個人的にはツボにくるものがなかったというか……いやいいアルバムなんですが。この後が続かないでいるのは、万人にとってツボになる何かが欠けていたからなのか知らん。


| | トラックバック (1)

2005.04.09

ナショナル・トレジャー ( National Treasure )

久方ぶりに映画。アメリカで大ヒット、ニコラス・ケイジ出演作としては久方ぶりのヒットだという『ナショナル・トレジャー』見てきました。ポスターや宣伝見る限りは、『インディ・ジョーンズ』シリーズを彷彿させる映画なのですが、果たして……

National Treasure (Original Score)先祖代々伝わるナショナル・トレジャー(アメリカの宝、ですな)を、私欲のためではなく、名誉等々のため見つけ出そうと奮闘するニコラス・ケイジ演じるベン。しかし、それを私利私欲のため横取りしようとする輩が現れ……ってな感じで話は進みます。時代は現代なので、まずそこからして『インディ・ジョーンズ』シリーズと違います(『インディ・ジョーンズ』シリーズは現代より前のお話)。また、スケールが『インディ・ジョーンズ』シリーズと比べて小さいです。タイトルが示すとおり、ナショナル(アメリカ国内)な活躍となっており、地球をまたに駆けて活躍したインディと比べるとどうしてもスケールが小さくなってしまいます。

見る前までは、かなりビックスケールの映画だとばかり思っていたので、正直アメリカ国内だけで話が終わってびっくりしました。これでアメリカで大ヒットしたなんて、ちょっと意外……つまらなかったわけではないので、ヒット作としての基準はクリアしていると思いますが。単に期待していたものとちょっと違っていたので……

見ていて思ったのは、これ、アメリカの史跡ツアーにできるんじゃないかということ。アメリカは歴史の短い国と言われますが、それでもやはり建国時代にまでさかのぼれるいろんな史跡があるわけでして、そういったところがたくさん登場します。この映画を見た後に、アメリカ史跡めぐりをするのはかなり面白いのではないでしょうか。フリーメイソン云々のところは差っ引いておく必要があるかも知れませんが……

他にはL.O.T.R.にボロミア役ででていたショーン・ビーンが出ています。なんかショーン・ビーンってこういう役がすきなのか知らん。そう勘ぐりたくなるほど、役どころがかぶります。この映画の後には、マイケル・ベイ監督作品が控えているようですが、果たしたそこでの役どころはどんなん何でしょうか。気になる~

こちらの映画、立川のシネマシティ2で見たのですが、評判どおり音はよかったです。館内照明もお洒落でグッド。チケットも全席指定になり並ぶ必要がなくなったものうれしい。待ち時間の間近所で買い物もできるし。あとは席の傾斜がもう少しあればね~前後座高を気にせず座れるんですが……


| | トラックバック (1)

Billboard 2004 Year in Music 漸く届きました

Typepadのバージョンアップを受けて、ココログもバージョンアップしたようです。いろいろ変わっているようですが、自分が使う範囲では何も変わらないかなと。新しい機能も使ってみたいとは思いますが、なくても別に困らないかなぁ。それより、夜間遅いの、なんとかしてほしいです。ASPのブログサービスって、定期的にアクセス遅くなるもんなんでしょうか。だとすると、メンテする人大変だ……

年末に注文していた "Billboard 2004 Year in Music"、漸く届きました。去年は2週間強で届いたのに、今年は2ヶ月以上かかるって一体……注文方法間違えたかなぁと思ったのですが、特に去年と注文の仕方、何も変えていないしなぁ。去年は航空便で今年は船便だったのかしらん。カードの引き落としが先にされてしまったので、クレームをつけないといけないかなぁ英語面倒だなぁと思っていたところに到着したので、とりあえずほっ。来年はもう少し注意しないとなぁ。

Confessions [Bonus Tracks]既に年明け3ヶ月もたっているので全然旬ではなくなっていますが、とりあえずざっと拝読。今年の総括は、アッシャーの年、ということのようです。去年の彼の快進撃はかなりすごいものがありました。昨年の年間チャートもそれを物語っていて、Hot 100 Singles & Tracks では1位と2位を占めております。納得。チャート全体の傾向としてはここ数年と同じく、R&B/Hip Hop系の曲が多数年間チャートにランクインしています。それ以外のジャンルだと、ロック系ではMaroon5とHoobastankがトップ10入りしています。Hoobastankの'The Reason'、好きだったなぁ。Maroon5は 'This love'が4位に入っていますが、それより前にシングルカットされていた'Harder to Breathe'もなかなか。

他のチャートをぱらぱら見ていて気が付いたのですが、上位だけ掲載されていてそれ以下はサイトを見てください、という注意書きがかいてあるものがいくつかありました。残念ながらもうサイト上にはないようですが……と思ったらあった~!こちらです、失礼いたしました。紙面は限られたスペースですが、ネットは紙面と比べて余裕あるしなぁ。チャート収録するにはもってこいなのか。来年も同じ傾向だとすると、なおさら早く手に入れないと、手元に雑誌が届くときにはもうサイト上にデータがないことになる~1年くらい載せてくれるといいんだけど、いつまでネットで見られるのか知らん。

アメリカでも着メロが浸透してきたようで、Hot Ringtones(着メロ)の年間チャートもありました。上位10位までしかありませんでしたが、R&B/Hip Hopばかり。Salesチャートと似るかなぁと思いましたが、そんなことはなかったようです。買う層が違うのか、それとも品揃えのせいなのか……ダウンロード件数のチャートHot Digital TracksもSalesチャートと似るかなぁと思っていましたが、こちらもそれほどでも。Franz FerdinandやThe Killersなどが顔を出しているのが特徴的かと。若干インターナショナルチックなチャートになっているような気がします。Salesチャートは相変わらず上位がAmerican Idol系で占められています。Salesはよくてもメジャーにはなりきれていないのが最近の傾向のように感じます>American Idol出身の方々。上手く巣立ったのはKelly Clarksonだけか~

年間チャート96位にはNellyとTim McGrawの'Over and Over'が入っています。これ、ヒップホップとカントリーという珍しい組み合わせだと思うんですが、すげぇPV見たいです。前にTop of the Popsに出ていたときはNelly一人で歌っていたんだよな~残念。ロックとヒップホップの融合はあまり違和感ないのですが(最近の例だと、Linkin ParkとJay-Zの"Collision Course"など)、カントリーとヒップホップにはびっくり。Nellyの出身が南部(違ったかなぁ)ということもあってカントリーつながりで実現したのか知らん。

昨年はこんなんなチャートでしたが、今年はどうなりますか。


| | トラックバック (1)

2005.04.07

AdSense はじめました

AdSense、はじめました。こちらも音ログ同様、登録したのは大部前なのですが、実際にココログで使い始めるまで時間がかかっちゃいました。サイドバーに簡単に張り込めるのは知っていたのですが、これ以上サイドバーが長くなるのは出来るだけ避けたいなぁ、と思っており、できれば本文下に貼り付けたいというのが希望でして。実はもう一つ理由があって、どこで読んだか忘れてしまったのですが、どうも記事本文下のほうがクリック率が高いらしいと耳にしたので。確かに、asahi.comなどニュースサイトでは記事本文の下に広告がでていることが多いしなぁ。ということで、Googleから発行されたコードを本文下にえいやっと貼り付けたのですが……

何もでない……どうもベーシックプランでは単純にコードを記事本文に貼り付けただけでは駄目らしいということが判りました。いろいろ試行錯誤した結果、divタグで囲んでやるとうまくいくようだと判りました。やった~ばんざーい!ということで第一段階クリア。

後もう一つ希望があって。広告を出すのは個別記事の画面だけで、トップページやバックナンバーなど、複数の記事が表示される時は広告を出したくないなと。広告がでるとなんとなく画面のバランスが悪くなるような気がして。一つの画面に広告が2個も3個も表示されるのはねぇ。ということで、「続きを読む」みたいなことが出来ないかなとこちらも若干試行錯誤。

facetさんのところで、ベーシックプランでも「続きを読む」と似たことが出来るスクリプトを配布していることは知っていたのでこちらをうまく使えないか試してみました。hrタグがあるときだけ隠す、という設定にして、なおかつ[続きを表示]の箇所を削除すると……ううーん、ちょっと微調整が必要なことがわかりました。hrタグの後にすぐGoogleのコードを貼り付けても上手くいかないみたいです。なので、hrタグの後に改行を入れてコードを貼り付けて見ると……

おおっ!大成功!複数の記事が表示されるときは記事が何も出ず、個別記事の時は水平線の下に広告が出る!感動~!複数記事を表示する時に、記事の末尾にあやしぃ空行ができてしまいますが、それくらいは良しとして。とりあえずIE6では上手くいくようです。他のブラウザではどうなのかなぁ……


| | トラックバック (0)

2005.04.06

音ログ x POQUE いれてみました

前から気になっていた「音ログ x POQUE」、入れてみました。音ログへの登録自体はかなり前に終わっていたんですが、実際にサイドバーに入れるまでちょいと間が開いてしまいました。入れても違和感ないかな~サイドバーがまた長くなっちゃうなぁ~等々、登録後しばらく悶々としていたもので。が、先日えいやっと入れてみました。拍子抜けするほど簡単でした。うぉ~画像がでるよ~動くよ~としばらく眺めてしまいましたよ。

音ログの作者の方から、

「音ログ x POQUEを使ってます」という方、下記の内容を書いてトラックバック・コメントしてください。

ということだったので、早速以下に導入報告を。

■ホームページのタイトル
 something like...
■URL
  http://sasa.cocolog-nifty.com/
■アカウント名
 sassa0802
■設置したもの
 音ログ x POQUE
■ブログサービス
 ココログ
■良く聴く音楽
 洋楽メイン。主にAT40周りと80年代以降のヤツ等々
■感想
 設置が簡単で感動。デザインもグーです。たまに、えええっ!というジャケットが表示されるのも愛嬌があってよいかと(これは報告したほうが良いんですよね、確か)。audioscrobbler のRSS も読みこめるようになるとこれまた嬉しいのですがサービスがやっぱ被っちゃってまずいですか……

というところでしょうか。

OtologCampain200503あと、現在音ログでは、iPod Shuffleが当たる紹介キャンペーン中です。ということで気になった方は早速登録してみましょう~!ブログサービスによっては設置できないことがあるようですが、ココログユーザーならさくっといきます。ちょっと買うのには迷ってしまうiPod Shuffle、抽選であたってもらえるのなら本望だ~!


| | トラックバック (0)

2005.04.03

毎日かあさん2 お入学編 / 西原理恵子

うぉ~さっき投稿したらエラーが!!また0から書かなきゃいけないのか~!と気持ちが一瞬萎えましたが、サイトを確認したところ、何事もなかったかのように記事が反映されていました。よかった~!最近、夜になるとログインに時間がかかったりと、若干システムの不安定さを想起させるようなことがありますが、そろそろ大規模メンテとかあるのか知らん。

毎日かあさん2 お入学編『毎日かあさん』の最新刊が出たというので早速手にしました。今回は『お入学編』ということで、長男が小学生に上がっております。内容はこれまでどおり漫画日記風エッセイで、子育て中心のエピソードが満載です。巻末にはなぜか石原都知事との対談が……謎だ……ひょっとして少子化対策としてセッティングされたのか知らん。

いろんなお話が載っていますが、印象に残るのは、西原さんと同じように腕白盛りの男の子をもつ母親同士の会話。男の子を持っている親と女の子を持っている親って子育ての苦労の形が違うんですなぁ。女の子だと親が心配するような大怪我が起こるような遊びはまずしないだろうし、それに母親からすれば、同姓である女の子は自分の同じころを振り返ればなんとなくすべてが理解できるだろうけど、男の子はねぇ……

本にもありましたら、自分も同じように近所の子と泥だらけになって遊んだ記憶があります。あれ、母親から見ると、迷惑以外の何者でもないんですなぁ。確かに女の子だったらあんなことは普通ないもんなぁ。あるエピソードの中に「女の子だったら子供同伴で喫茶店にもいけるみたいなのよ」という箇所には爆笑しました。男の子だったら絶対周りの迷惑になるような騒ぎ方をしてしかる羽目になるだろうしなぁ。

妹は兄貴と比べるとその辺やっぱりしっかりしていて。女の子の方が何かと早熟なんですかねぇ。本を読んで感じたのは、幼いころはやっぱり女の子の方が男の子よりもはるかに大人びているんだなぁということ。男の子ってほんと小学生低学年くらいのときってバカばっかやっているような気が。それもまたいい経験ではあるんですが、親からすれば無用な怪我はするわ服はめちゃめちゃに汚してくるわ、となるんでしょうか……


| | トラックバック (3)

Muzikizum / X-press 2

日本版iTMS、早ければ3月からというニュースがありましたが、やはり実現はしなかったようで……となると次は今年中に開始になるかどうかというところでしょうか。個人的にはNapster To Goを使ってみたいので、Napsterの日本進出が今年あるのかどうかも気になります。Napster To Go、今日本でやるなら携帯で実現するとヒットするんではないかなぁ。月額料金が高すぎるとヒットはしないと思いますが……

ミュジキズム先週はX-press 2の"Muzikizum"を聞いていました。これ、Top of the Popsに彼らが出ていたのを見て以来、ずーっと気になっていたのですが、漸く手にしました。Top of the Popsでやっていたのはシングルカットされた'Lazy'。トーキング・ヘッズのDavid Byrneがボーカルやってます。David Byrneのボーカルがまさにlazyという感じでなかなか良いです。日本版にはファットボーイ・スリムのノーマン・クックによる'lazy'のリミックスが入っています。

シングルからイメージしていたとおり、アルバムはハウス/エレクトロニック・ダンスチューン満載。あまり激しくはないので、いつでも気軽に聞ける感じですな(激しいのだとたまに疲れてしまうのですな、この年だと……)。ボーカルがフィーチャーされているのは他に2曲。なのでメインはインストゥルメンタル。ボーカルがなくても物足りないことはないです。気持ちよいリズムに体をあずける感じで聞くと良いでしょう。

発売時にはHMVの店頭に視聴用のブースもありましたが、どうも日本でも知名度は今ひとつのような気が。クラブ系ではひょっとしてそれなりに有名だったのかもしれませんが、一般の知名度はなぁ……WIREに行くような人なら知っているのか知らん。回りには少なくともいないようです(がっくり)。David Byrneの方が知名度あったりするのかなぁ。


| | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »