« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005.07.27

宇宙戦争 ( War of the Worlds )

先週末に東京近辺で地震があったわけですが、地震がおきたときはドトールでお茶していました。結構揺れるなぁこれ以上ゆれたら机の下に避難しなきゃ、なんて思っているうちにゆれが収まったんですが、外出てびっくり。電車が全然うごかーん。結局ドトールに戻って動くまで時間つぶしていました……家に帰ったら揺れのせいで多少ものが落ちていました。多少でよかった~

War of the Worlds [Music from the Motion Picture]えーっと連休は映画三昧だったわけですが、連休初日に『宇宙戦争』を見てきました。原作がウェルズで、ラジオドラマ化されたときに、アメリカのリスナーがマジ受けしてパニックになったという逸話が残っていますな。さてさて、映画のほうですが、そこそこ期待していたせいか、うーん、ちょっと肩透かしな感じでした。もう少しSF色あるかとおもっていたんですが、どちらかというと人間ドラマの方により力点が置かれている感じがしました。純然たるSF映画かなぁと思っていたんだけどなぁ。

お話は、ある日突然宇宙人(映画でははっきり宇宙人とは描かれていなかったかも)の襲来を受ける中、トム・クルーズ演じるレイが、実家に帰省している元妻のもとに娘・息子を無事送り届けようと奮闘する、というものです。逃げる先々で宇宙人の攻撃を受けるのですが、途中で宇宙人も出てきます。

宇宙人や宇宙船らしきものは出てくるのですが、攻撃される理由や人間がさらわれる理由などが全く明らかにされず、この辺はちょっと残念。確かに、トム・クルーズの視点で映画が描かれているので、当然、一市民が持っている情報以上のものが観客に提示されないわけで、これは脚本・演出上、致し方ないのかなと。テレビ・ラジオなども使えないということで情報が全然入ってこないという設定もこれに拍車をかけます。主役が軍人とか政府関係者だったら、これこれこういうわけで攻撃されている、とか、どこそこの基地から攻撃部隊を出動させる、などもうちょっとマクロな視点が入るとおもうのですが、この映画は視点がミクロなままです。

宇宙船の描写や攻撃されるシーンなどは確かに迫力がありました。ビーム光線で人間が一瞬に消えてしまうシーンも挿入されており、すごいSFXだなぁと関心してしまうことしきりでした。逃げる船のすぐ脇に宇宙船が現れるシーンもすごかったし。でもSF映画ではないんだよなぁ(自分の中では)。

原作も未読、50年代に製作された映画も見ていないのですが、なぜかオチを知っていて。映画は同じなのかなぁと思っていたらほぼ同じ。たしかにありだとは思うんですが、カタルシスがない終わり方でした……オープニングとラストをうまくつなげている演出はいいんだけどなぁ。やっぱりあの終わりかただとちょっとなぁ。

この夏の大作映画のなかでは見たい度がかなり上だったんですが……やっぱり期待しすぎるといかんですな。無我の境地で見に行くに限るかも。というよりも、SF映画ではなくてドラマ映画として見に行けばよかったんだ~!!ばかばか>自分!どっかに「スピルバーグ、前作(『ターミナル』)が思ったほどヒットしなかったので今回は別路線で勝負」みたいな記事を読んだのですっかり100%SF映画だと思い込んでいました……

それでも、DVDが2枚組みで出たら買っちゃうんだろうなぁ……あのSFXシーンがどうやってできたのかはやっぱり興味がありますです。


| | トラックバック (0)

2005.07.18

Supernatural / Santana

3連休終了~暑い3日間でしたが、やっぱりあっという間に終わってしまいました。映画三昧の連休だったし、本も読めたしということでそれなりに充実はしていたかなと。でも休みはやっぱり長いに越したことないなぁ。

Supernatural先週はSantanaの"Supernatural"を。このアルバムが出るまでは、Santanaというとやっぱり'Black Magic Woman'だったわけですが、このアルバムめちゃ売れて、Santanaといえば'Smooth'というくらいになってしまいました、個人的に。

このアルバム、いろんな人をボーカルにフィーチャーして出来上がっています。'Smooth'はマッチボックス・トゥエンティのロブ・トーマスがボーカルやっています。ほかにも、デイブ・マシューズやローリン・ヒル、イーグル・アイ・チェリーも参加。アルバム聞くまでは、ボーカルは全部本人以外の人が歌っているのかと思っていたのですが、数曲、本人が歌っていると思われる曲もあります。'Black Magic Woman'は本人が歌っていたのかしらん。

いろんな人が歌ってはいますが、やっぱりどれを聞いてもSantana色がはっきり出ているかなと。あのギターの音色はやっぱり一度聞くと忘れられないですね。ロックというかラテンポップスというかその中間の音。ロックというにはラテン色強いし、でもラテンポップスの棚にあったらなんか変だし。

聞いていてちょっと思ったのは、デイブ・マシューズ、なんか今回だけかもしれませんが、スティングみたいでした。スティングより若干声が低めですが、なんか歌い方が近いなぁと。歌の出だしなんてすごい似ていると思ったんですが、そう思うのはわたしだけですかそうですか。

このアルバムで復活モード入ったような観のあるのSantanaですが、全盛期当時も気になります。'Black Magic Woman'が収録されたアルバムも聞いてみようかなぁ。


| | トラックバック (0)

2005.07.11

WWE スーパーショー ( WWE Supershow )

サントリーのウーロン茶でiPod miniがあたるキャンペーンをやっています。あたらないかと毎日ペットボトル買って挑戦していますが全然あたりません……ほんとにあたった人いるんかなぁと疑いたくもなりますが、サイトにはあたった人の声がよせられているのできっとあたった人はほんとにいるんでしょう。でも、私の周りでやっている人(複数人)、誰もあたっていません……

WWE バックラッシュ 2005旧聞ではありますが、7月1日に行われたにWWE行ってきました。相変わらずのにわかファンではありますが、知り合いがチケットを入手してくれて、それもかなりいい席ということだったので二つ返事で参加。今回はTVショーではなくハウスショーということで、はてさて、どう違ったのか。

前回初めて行ったWWEはTVショーということで、テレビで見ているのと同じ感じで試合が進んでいきました。試合試合の合間に、レスラー同士のドラマを見せつつ、試合もきっちり行う、という感じ。ドラマを見せる関係で、会場にはでっかいスクリーンがセットしてありました。

今回はハウスショーということで試合オンリー。スクリーンもなし。この辺は好き嫌いが分かれるところかも知れません。WWEのドラマ的な要素に惹かれている人からするとちょっと物足りないかも。ドラマも好きだけど試合も好きだっ!という人からすると、今回はRawとSmackDownのメンバー入り乱れての試合は面白いものだったかも。ドラマ的な要素がないのはちと残念ではありましたが、その点を補うためか、試合自体にドラマというかコミカルな面が盛り込まれていました。

試合結果はWWEのファンクラブのページに出ているのでそちらをご参照いただきたいのですが、メインイベントのバティスタ&ジョン・シナ vs. JBL&トリプルHの試合では、試合前にバティスタとトリプルHが大胸筋をぴくぴく動かしてお互いけん制したり、お約束のトリプルHの失神シーンでシナが息を吹きかけてなかなか倒れないトリプルHを倒そうとするなど、かなりコミカルなつくりになっていました。ほかの試合はこれと比べると真面目で。ベンジャミンとジェリコのまさにそうで、試合は見ごたえありました。終わったあとハグ+握手で、いやぁWWEの試合じゃないみたいでした。

前回の来日と比べると若干動員数が少なかったような気もしますが、ショー自体はかなり楽しめるものでした。それにしても、やっぱりトリプルHは芸達者でした。さすが映画に出ただけのことはあります。今はバティスタがトップの地位を固めつつありますが、うーん、もう少し役者的なところがあるとさらに一皮むけるんではないかなぁ。

WWEはスカパーやケーブルなどでやっているJ SPORTSで見られます。契約はちょっと……という方はDVDで。多分レンタルもあるんではないでしょうか。最新作ではバティスタとトリプルHの対決が見られるようで。


| | トラックバック (0)

2005.07.09

The Young and the Hopeless / Good Charlotte

今日から『スターウォーズ エピソードIII』が公開に。見に行くつもりではありますが、込んでいそうなので8月くらいにしようかなと。その前に『クローン大戦』のDVDを見てからにしようと、DVDを注文しました。レンタルできないかなぁと思って近所のレンタルショップに行ったのですがどうも入荷していないようで。レンタル不可商品なのか知らん。

The Young and the Hopeless今週はGood Charlotteを。彼ら、ライブ8にも出ていました。ライブ8は日本でも一部開催されていましたが、GCは日本でライブしていました。ちょうど来日中だったのか知らん。放送されたのは1曲だけだったような気がしますが、放映されなかった分もあったのかなぁ。

こちらのアルバムは2枚目。最新作"The Chronicles of Life and Death"のひとつ前になります。こちらからは'Lifestyles Of The Rich & Famous'がシングルカットされ、ヒット。この曲、いやぁ明るくてキャッチーでもう大好きです。この曲目当てでアルバム手にしたようなもんです。

これ以外にも、'Girls & Boys''The Anthem''The Young & The Hopeless'がシングルカットされたようで。シングルカットされたもの以外の曲もやっぱりキャッチーで親しみやすいものでした。ジャンルとしてはパンクロックとされるようですが、うーん、なんかパンクに対して自分が持っているイメージにはなんかあてはまらず。確かにメンバーの写真とか見ると、外見はパンクっぽいですが。パンクっていうとどうしても、セックス・ピストルズが真っ先に頭に浮かんでしまい、ああいう音なのかなぁと思って身構えしまうところがあるんですが、このアルバムに関しては、自分の中のパンクのイメージをいい意味で裏切ってくれました。やっぱり食わず嫌いはいかんですな。

音楽とは関係ないですが、メンバーの写真とか見ていてどうしても目につくのが、目の周りが黒くなっているところ。これはパンクファッションの基本なのか知らん。Green Dayがパンクロックに入るかどうかようわからんのですが、あちらのボーカルのビリー・ジョーも目の周り黒かったし。これは基本なのかなぁ。それとも目を大きく見せようというメイクテクの延長なのか知らん。


| | トラックバック (0)

2005.07.04

ライブ8 ( Live8 )

数十年ぶりに歯医者。歯が痛くて行ったのですが案の定、虫歯。それも親知らず。結局抜歯で治療ということになったのですが、うーん、怖いなぁ。歯医者苦手な人が多いとは思っていたのですが、どうも苦手意識があるのは男性が多いみたいで。女性に聞くと、なんであんなに男の人は怖がるのかよくわからんそうです。なんで怖くないのかじっくり聞いてみたいものです。

日本時間の7月2日夜から3日朝までライブ8やっていました。さすがに徹夜で見るのはもう無理な年なので、2時過ぎからは録画にまわし、床につきました。最長13時間の予定だったみたいですが、朝の6時には終わっていたみたいで、正味8時間くらいだったみたいですな。

ライヴ・エイド★初回生産限定スペシャル・プライス★ライブエイドは残念ながら生で見たことがなくて。それもあり、今回のイベントはかなり楽しみにしていました。ライブエイド当時は洋楽をちょうど聴き始めたころで、さすがにイベントまでチェックできるほど情報持っていませんでした。あとから、ライブエイドっていうイベントがあったんだよ、こんな面子だったんだよ、というのを耳にして、生で見たかった~と強く思ったものでした。この前DVDが出たので見られるわけですが、やっぱりこういうのは生でみて、一体感みたいなのを感じたいわけで。

今回のライブ8が前のライブエイドとどれくらい違ったかはようわからんのですが、メンバーの豪華さでは前回に負けていなかったかと。印象に残ったのはロンドンで公演したマドンナですな。'Like a Prayer'がまさか出るとは思いませんでした。いや~懐かしい。PVが一部で反発を買っていましたっけ。'Ray of Light'はやっぱ何度聞いてもかっこいいですな。'Music'は、歌詞にある'Music makes people come together'が今回のイベントにはぴったりでしたな。曲もそれぞれよかったのですが、盛り上げ方がうまかったかなと。さすがこのあたりは年の功という感じが。歌がうまいだけでなく、イベントとして盛り上げる役どころしっかり勤めてくれるのはうれしいなと。

あとは、うーん、ロビー・ウィリアムズかなぁ。'Angel'の盛り上がりかたはすごいものがありました。さすが国民的な人気を誇る歌手ですな。アメリカで人気が出ないのが逆にかわいそうになります。どのアルバムもいい曲ばかりだと思うんだけどなぁ。

ライブをみたいなぁと思っていた人が結構出ていたのはうれしいのですが、1人/バンドあたり最大3から4曲程度ということもあり、聞きたいと思っていた曲が聴けなかったのは残念かと。The KillersとかScissor Sistersとかライブを見たかったバンドが出ていたのはいいのですが、うーん、その曲じゃなくてあれやってくれよぉ、ということがしばしばありました。

今回のライブの趣旨は、G8サミットに向け各国首脳陣に対し、アフリカの債務帳消しや援助増額を訴えることでしたが、果たして結果は。あと、一つ素朴な疑問として、ライブを見ながら感じたのは、20年前のイベントからこれまでの間、何か変わったのかな、ということ。ライブエイド以後、依然、アフリカに極度の貧困は残っているわけですが、前のイベントが期待していたほどの結果が出せなかったから、また同じようなイベントをする必要があったのかなと、詳しい事情を知らない人間として感じてしまいました(そもそもイベントの趣旨がちがうかもしれないので、比較すること自体意味がないのかもしれませんが……)。主催者のボブ・ゲルドフが、そういう心配をする人間の存在を感じ取ったのかどうかはわかりませんが、ライブの最中、20年前に、あと10分でこのままでは死んでしまうと紹介されていた少女が今は立派に成人しています、と舞台に登場させていました。僕らのやっていたことは決して無駄ではなかったんだ、という証拠ですな。

あ、前回はエチオピアの飢餓に対する援助が趣旨だったみたいですな。今回とは趣旨が違いましたな……失礼しました。無事に成人できた少女を紹介できたということは、やっぱり前回のイベントはうまく行ったということなのかなぁ。今のエチオピアの状況がわからないのでなんとも言えませんが……うーん、この手の問題はやっぱり難しいですな。経済学者の意見も聞いてみたいし。

理屈ばかりこねてはいかんですな。理屈も大事ですが、行動も必要なわけで。さて、何ができるでしょうか。いろんなサイトが立ち上がっていますが、できそうなものからやってみることが大事かと。あと、この時だけではなくて、継続的にすること(考えること)が大切かなぁ。たまに、こんなことしても何も変わらないじゃん、と思ってしまいますが……いかんいかん。

日本語だとこちらかな
■ほっとけない 世界のまずしさ
 http://www.hottokenai.jp/
 今回のイベントの趣旨がよくわかるようになるかと。そうか~援助とかいうレベルの問題ではないのか。

英語だとほかにもあります
■MAKE POVERTY HISTORY
 http://www.makepovertyhistory.org/index.html
 今回のイベントのスローガンの一つでもありました"Make Poverty History"。サイトに貼れるバナーなどがあります。

■The ONE Campaign
 http://www.one.org/
 こちらはアメリカメインのサイト。Blogを使ったページもあります。

話をライブ8に戻すと。CSで見ていたのですが、日本語同時通訳がついていました。こういうイベントなので、ミュージシャンがいろいろと話すわけで、となると通訳が必要ということで。確かに、イベントの趣旨に直結するような話が多いので訳して伝えるのは大事なことなのですが、うーん、それは訳さないでくれぃ、というところもしばしばありました。徹夜でお仕事の同時通訳の方は大変だったと思うのですが、'One more'(だったかなぁ)と観客への呼びかけまで訳さなくても……

あと、今回の参加アーティストがかなりロックよりだったかなと。20年前はまだヒップホップ人気がそれほどでもなかったので、イベントがロックよりでもあまり違和感はなかったと思うのですが、今回はやっぱりもうちょっと出してもよかったんではないかなぁ。スヌープ・ドッグとかカニエ・ウェストが出ていましたが(Jay-Zもリンキン・パークと一緒に出ていましたっけ)、もうちょっといてもよかったのではないか知らん。50centとかEminemとか。DidoとEminemのコラボレーションが生でみれないかなぁと思っていたのですが、駄目でした……最近のチャートと若干乖離があるなぁと感じてしまいました。

あまりに盛りだくさんでまだ消化不良気味。アーティストのインタビューも含めた総集編が8月にも放映されるそうなので、そちらを再度見て完全消化だっ!


| | トラックバック (2)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »