« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005.11.28

Scary! 2 / Edited by Peter Haining

ココログ、気がつけばいろいろ機能改修がすすんでいますな。容量アップにフリー版の提供、Typepad最新版への対応、等々。ベーシックで2Gかぁ。一生かかっても使い切れない気がします……既存ユーザーの機能強化は来年以降になるそうですが、使いたいと思っている機能は入っているのかしらん。プラン別機能対応表を見たんですがいまいちよくわからんです……フリーにあってベーシックにない機能があるのがなんとなーく目に付くのは気のせいですかそうですか……

Scary!機能云々の前にまずは地道に続けないといかんですな。ということで、ようやく読み終わった"Scary! 2"を。こちらは、Koontzの短編が収録されているということで、あまりよく調べずに発作的に購入したものです。ホラー話のアンソロジーでクーンツのほかには有名どころではアン・マキャフリーやブラム・ストーカー、コナン・ドイルの作品も収録されています。「2」ちゅうことで、前作"Scary!"の第二弾となっております。

肝心のクーンツ作品ですが、買ってから、あちゃー、ということになりました。収録されている作品は"Kittens”というものなのですが、これ翻訳出ているんですなぁ、とほほ。『嵐の夜―ストレンジ・ハイウェイズ〈3〉』に収録されている「子猫たち」です。あー、もうちょっと調べてから買うんだった~悔しいのでとりあえず読みました……

収録作品はクーンツの作品含め全部で12。どれも読みやすい英語で書いてあり、かつ短編なので、なんとか読み通せました。長編だと途中でくじけたりするんですが……いくつか紹介すると、最初の作品'Video Nasty'は、いわゆるスナッフフィルムを見ている男の子3人。そのうち見知らぬ子供がいつの間にか一緒に見ていてなぜか詳しい内容を知っている様子……というもの。予想どおりの結末でそれほど怖くはないかなと。表紙の絵はこの作品がもとになっています。しかし、子供がスナッフフィルムをみるというシチュエーションが一番怖かったりします。スナッフフィルムって何、という方は、映画『8mm』を見てみるとわかりますよ~

アン・マキャフリーは'Finders Keepers'という作品が収録されています。表題は「拾ったものは自分のもの」という諺から。タイトルどおり、なくしたものを見つける特殊な才能をもった男の子のお話です。

『吸血鬼ドラキュラ』で有名なブラム・ストーカーは'How 7 Went Mad'という作品が収録されています。7なんかなくなっちゃえばいいのに、とある子供が考えたことから起こった騒動を描いています。作品が若干古いせいか、少々読みづらかった記憶があります。あと、吸血鬼のイメージが強かったので、ほのぼの感あるこの作品にちょっと違和感を覚えました(うーん、ほんとはほのぼのしていないのかも。自分の読解力に自信なし……)。

コナン・ドイルの「サセックスの吸血鬼」も収録しています。これは小学生くらいの時に呼んだ記憶があったので、記憶をなぞるように読みました。英語が若干古めでこれまた読みづらかったような……ただ、内容を知っていたのでそれで多少は読みやすくはなりましたが。確かにホラー色のあるミステリなので収録されていても違和感はそれほどないですが、ほかの作品でもよかったんではないかなぁ。

ほかに印象に残ったものとしてはRober Swindellsの'Cloud Cover'。クリスマスまであと2週間だというのに気分が晴れない主人公。それは母親が病気のため。そんな少女が店先で見つけた絵、それは日に日に内容が変わってゆくものだった……ってな感じで話は始まります。何が印象に残ったかというと落ちですな。自分の予想とはまったく反対の方向に行ってしまったのでそれがものすごく印象に残りました。どうもこの作品、翻訳がでているみたいですな。『ミステリアス・クリスマス』に収録されている「暗い雲におおわれて」がどうもそれくさいです(実際に手にとって見たわけではないので違うかも)。

Alison Princeの'The Black Dress'もなかなか面白かった作品でした。黒いドレスを買った主人公は友達に見せに行く途中、見知らぬ老人に出会う。彼はドレスをほめてくれた。不思議なことになぜか彼は彼女の名前を知っていた……てな感じです。これ、怖いというよりわたしゃほろりとしてしまいましたよ。ああ、涙腺ゆるくなっているなぁ……こちらは翻訳版はないようです。

英語の勉強をと割り切って読んだわけですが、各作品の冒頭に簡単なあらすじが書いてあるのでそれも読み取りの助けになりなんとか読了できた感があります。怖い話がそれほど嫌いでなければ、洋書を読む練習用にいいかも知れません。


| | トラックバック (0)

2005.11.27

Baduizm / Erykah Badu

connect player、あまり評判がよろしくないようで。うちのPCでは、決してほかの音楽ライブラリ管理ソフトとかと比べると快適に動いているわけではないですが、幸いなんとか使えています。ただ、転送にそこそこ時間がかかるのと、あと、転送が終わったタイミングが微妙に判断しづらいので(impressのAV Watch「週刊デバイス・バイキング」で指摘されているような感じです)、当初の、アルバム一枚ずつ転送して週末に入れ替えて……という予定を変更して、とりあえず聞きたいやつをまとめて何枚か2G分まとめて転送することにしました。connect playerのバージョンアップはいつなのかなぁ……

BaduizmウォークマンAシリーズで最初に聴くのに選んだアルバムはErykah Baduの"Baduizm"。1997年の作品なのでもう8年前になるんですなぁ。でも古臭さは微塵も感じませんでした。ジャンルとしてはR&Bになるのかしらん。スロウ&メロウという感じの曲が中心。オーガニックサウンドともいえるのかもしれません。ヒップホップ的な要素が比較的薄いR&Bとでもいったらいいのか知らん。あ、ジャズのフレーバーも入っております。日曜の夕方とか夜など、心地よいけだるさを感じるときとか、ちょっと疲れたなぁという時に聞くと気持ちがいいかも。

Erykah Baduはリアルタイムでは残念ながらおっかけられなくて、気がついていたら結構評判になっていた、という感じでした。シングルカットされた'On & On'がチャートから消えそうなときに、たまたまPVを見たのが最初でした。ヒップホップ系がメジャーになりつつあったころに新鮮に聞こえたようなあいまいな記憶が残っていますが、そのときからずーっといつかはちゃんと聞こうと引きずっていて、ようやくアルバムにたどり着いたかなと。

アルバムはシングルから想起されるイメージどおり。どれもゆったりとして落ち着いて聞ける感じ。冬の夜長に聞くにはもってこいかも知れません。

その後もコンスタントにアルバムを出しています。2003年にでた"Worldwide Underground"が最新のアルバムになるようです。セカンドアルバム"Mama's Gun"(その前にライブ盤があるみたいですが)からのファーストシングルになった'Bag Lady'では、ホームレスの女性について歌っているようです。社会的な事象への視点も持ち合わせているようですなぁ。うーん、となると"Mama's Gun"というタイトルもなんか意味深だなぁ……こちらのアルバムも気になります。


| | トラックバック (0)

2005.11.20

ウォークマンAシリーズ (NW-A608)

シリコンオーディオといえばiPodという世の中ですが、今日は(あ、もう昨日だ)ウォークマンAシリーズの発売日でした。iPod nanoにも心惹かれましたが、自分の初のシリコンオーディオにはウォークマンAシリーズを選びました。ウォークマンにしたのは

・再生時間が長い
 面倒くさがりやなのでできれば一度の充電でながーく使えるのがほしかった
・大きさ
 iPod nanoも小さくてよいのだが、首から提げたりクリップで服に留めたりするにはウォークマンAシリーズのメモリタイプの方がよさげだった(アルバム1枚程度はいれば十分なのでメモリタイプでよかったし)
・FMが聴ける
 最近はほとんど聴いていないが、聴けないより聴けたほうがいいので

という理由から。

実際に曲をウォークマンに放り込んで聞いてみた感じは、まぁこんなものかなと。mp3の320kbpsで取り込んでいるんですが、MDと大差ないかなと。なんかサーっというヒス音が聞こえるような気がしますが、それも自分のイコライザ設定のせいかもしれんしなぁ。通勤中に使う予定なんで、車内モードみたいな周りに迷惑にならないようなプリセットイコライザがあるかと思っていましたが、AVLSちゅう音漏れを防ぐ機能位しかないみたいですな。とりあえずAVLSセットしておきました。

FMも聴けるちゅうことで試し聴きしてみました。おお、久しぶりのFMはなんか新鮮だ~そのうち局のプリセットをしないといかんなぁ。

専用ソフトのconnect playerは、なんとなーく重い気もしますが、これも慣れれば気にならなくなりますかねぇ。iTunesとの機能差も気になりますが、これも慣れの問題かも。インターフェースがiTunesと似通っているとconnect playerが最初に紹介されたとき思いましたが、実際に使ってみると似ているところよりも、違うところの方が気になります……

Hypnotizedおまけなのか、曲が2曲ほどプレイヤーにあらかじめ仕込んでありました。1つはColetteの'Feeling' Hypnotyzed'。もう一つがPaperfaceの'Dance Karate'。どちらもお初のアーティストでした。テクノっぽいダンスチューンでなかなかよいかと。でも、この2曲を入れないで値段をちょっと下げてもらえると嬉しかったかも……

最近は迷走気味のSonyですが、このウォークマンAシリーズ、Sonyにとって吉と出るのでしょうか。しかし、Aシリーズの発表日とnanoの発表日がぶつかったのはかなりの痛手でしたなぁ。世間はnanoにいっちゃたもんなぁ。せめてnanoと同じく発表と同時に販売だったらもうちょっと流れは変わっていたかもなぁ。

個人的には「Aシリーズ」というネーミングよりも、「スティック」「スクエア」のネーミングの方がよかったんですが、なぜやめちゃったのか知らん。HDタイプが「スクエア」じゃなく「ラウンド」になったから、Aシリーズで統一しちゃえ、ってなことはないですよねぇ。






| | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »