« ザスーラ (Zathura) | トップページ | ファイナルファンタジー6 ( Final Fantasy VI ) »

2005.12.18

エンパイア・オブ・ザ・ウルフ ( L'Empire des loups )

ウォークマンAシリーズのソフトウェアアップデートのお知らせが出ていました。不具合の修正だそうですが、うーん、特に困ったことないしなぁ。ということで急がずに来週あたりに更新ソフトを当てることにしようかと。それよりも軽いConnect Playerが欲しい……

今週末でロードショー公開が終わってしまうという『エンパイア・オブ・ザ・ウルフ』見てきました。予告編が面白そうだったので。本編もまぁ予告編で期待したとおりだったかなと。がっくり、ということはありませんでした。ジャン・レノの髪もやっぱり予告編どおりの色でした……あの色はちょっとなぁ。

記憶喪失の女。連続殺人事件を追う刑事。二人が交錯したその先には……てな感じですか。原作は『クリムゾン・リバー』を書いた人みたいです。ジャン・レノはこの人原作の映画に2本出ていることになるわけですな。共通点としては、二つのお話が同時並行的に描かれ、話半ばで交じり合い、その後は一気にラストへなだれ込む、ということがあげられるかなぁ。あと、猟奇っぽいところも。前半は思っていた以上にグロい描写が多く、ホラーが苦手な人にはちょっとお勧めできないかなと。

狼の帝国それにしてもお話がややこしくて、見終わった後自分なりに消化するのが大変で。映画のストーリーだけを単純に追っていればいいんですが、映画で描かれていないことが気になってしまって。あの人が実はこうだったということは、あの人にいつ接触して、どういう風にほんとは進む予定だったんだろう……と映画で描かれていることの前の段階がえらく気になってしまいました。映画でも断片的に情報が出てくるのですが、いかんせん、点をつなぐような感じで想像しなくてはいけなくて、映画を見ながら想像していると映画から気がそれる……字幕だから情報量が足りないせいもあるのかも。DVDが出たら吹き替えでも見てみるかなぁ。原作の翻訳が出ているようなのでそれを読むという手もあるなぁ。

登場人物も多くてなぁ。一癖二癖あるキャラクターもいる上に数が多い!ということでもう大変。顔を取り違えるようなことはなかったですが、ええい、単純に関係者の数が多い~!無駄なキャラクターはいなかったのでみんな必要なキャラだとは思うのですが……でも、尻切れトンボみたいに途中でふっつりいなくなる人もそういえば何人かいたなぁ(死んだわけではなくて)。

前半ミステリ、後半は意外にドンパチシーンが。ホラー・ミステリーっぽいのを予告編から想像していたのですが、後半は意外にポリティカル・アクション的な要素もありました。トルコからの移民が一つのキーになっているところですでに政治的な要素はあるわけですが。

フランスとトルコ移民というのはちょっと意外な感じがしました。ドイツにトルコからの移民が多いということは前に聞いたことがあったのですが、フランスにも映画の題材になるくらいのトルコからの移民がいるというのは初耳でした。植民地時代に旧宗主国だった国からの移民が多いのかなぁと思っていたので。

娯楽作としてはまぁまぁかと。昔はフランス映画に対して、観念的で難しい映画、というイメージを持っていたのですが、最近はエンターテインメント色が強いものも公開されるようになってきて、そのイメージも自分の中で変わりつつあります。ハリウッドの悪しき影響なのかもしれませんが、ストーリーが追いやすいのは(今回のはストーリー自体はわかりやすいのですが、なんというか情報が足りない……)個人的には嬉しいかなと。わかりやすいからいいというわけではないですが……個人的には『WASABI』と『美しき諍い女』の間くらいがちょうどいいのかも。

こちらはGAGA USENの配給のようですが、そのうちGyaOで無料で見られるようになるのか知らん……


|

« ザスーラ (Zathura) | トップページ | ファイナルファンタジー6 ( Final Fantasy VI ) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/790/7686004

この記事へのトラックバック一覧です: エンパイア・オブ・ザ・ウルフ ( L'Empire des loups ):

» エンパイア・オブ・ザ・ウルフ 06年146本目 [猫姫じゃ]
エンパイア・オブ・ザ・ウルフ EMPIRE OF THE WOLVES 2005年 フランス  クリス・ナオン 監督  クリストフ・グランジェ(クリムゾン・リバー)原作ジャン・レノ 、アーリー・ジョヴァー 、ジョスラン・キヴラン 、ラウラ・モランテ ま、おフランス映画繋がりって...... [続きを読む]

受信: 2006.08.02 10:30

« ザスーラ (Zathura) | トップページ | ファイナルファンタジー6 ( Final Fantasy VI ) »