« A Hundred Days Off / Underworld | トップページ | ザスーラ (Zathura) »

2005.12.04

Mr.&Mrs.スミス (Mr. & Mrs. Smith)

年末の映画シーズンになってきました。今年はやっぱり『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』が一番人気なのか知らん。今後の公開スケジュールを見てもこれを超えられそうなのは見当たらないしなぁ。個人的には小粒感が否めません……日本はどちらかというと夏のほうが大作が封切られる感が強い気がします。アメリカでは冬も夏と同じくらい強力なラインナップが目白押しなんだけどなぁ。

Mr. & Mrs. Smithが、それでもやっぱり見たいものはあるわけで。『ハリー・ポッター』シリーズは見たいみたいと思いつつ、原作の1作目だけを読んだだけでその後映画も本も全然読んでいない状態で。まずは1作目から順に映画を見てからということで『……ゴブレット』はパスして、『Mr.&Mrs.スミス』を見てきました。ポスターのアンジェリーナ・ジョリーがめっちゃセクシーで、予告編も面白かったので速攻(といっても公開二日目ですが)で鑑賞。

お互い殺し屋という職業を明らかにしないまま結婚したスミス夫妻。それが明らかになり……という感じで話が進みます。もっと派手なドンパチが映画全般にちりばめられているかと思っていたのですが、前半が意外に押さえ気味で。後半から派手な銃撃戦となります。もうちょっとあってもよかったかなぁ。

ブラッド・ピットはクールな殺し屋という感じではなくて、2.5枚目な感じの役柄でした。それでもやっぱりかっこいいんだよなぁ。一方アンジェリーナ・ジョリーは、いやぁ綺麗+セクシー。ポスターになっている服装のシーンもしっかりありました。隣のお宅の家のパーティ呼ばれていくときは地味目の服でしたが(同伴のブラッド・ピットもゴルフウェアチックだったし)、それ以外はあまり普段着っぽい服装がなかったような気が。映える衣装が多かったような気がします。

綺麗なだけでなくアクションもばっちり。ブラッド・ピットと派手なアクションを繰り広げてくれます。壮絶な夫婦喧嘩の一言ですな。

伏線が冒頭に張ってあるのですが、結構後半にならないと効いてこないので、編集で間違えて入れてしまったんではないかと伏線のシーンを思ってしまいました。きちんと登場人物の顔を認識できていればそんなことなかったと思うんですが、とほほ。

ラストは、え、これで終わり?という感じでした。もう少し説明してほしかったなぁ。唐突に終わったと感じた人は私だけではないと思うんですが……ああいう終わり方に持っていくにしても、もうちょっと説明シーンがあってもよかったんじゃないかなぁ。

映画は二人が結婚カウンセリングを受けているシーンから始まるのですが、カメラ目線で進むので、最初は"Hello, Japan!"と二人が宣伝かねて言い出すのかと思ってしまいました。びびった~それにしてもこの二人、ほんとに結婚すんのかなぁ。


|

« A Hundred Days Off / Underworld | トップページ | ザスーラ (Zathura) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/790/7466965

この記事へのトラックバック一覧です: Mr.&Mrs.スミス (Mr. & Mrs. Smith):

» Mr.&Mrs.Smith [Rohi-ta_site.com]
映画館で、出演:ブラッド・ピッド/アンジェリーナ・ジョリー/ヴィンス・ヴォーン/ケリー・ワシントン/脚本:サイモン・キンバーグ/監督:ダグ・リーマン/作品『Mr.&Mrs.Smith』を観ました。 ●ストーリー 5〜6年前、南米ボゴタで運命的な出会いをし、電撃的に結婚したジョン(ブラッド・ピッド)とジェーン(アンジェリーナ・ジョリー)。 しかし、お互いに秘密を抱えたままの結婚生活は、今や破綻寸前の状態となっていた。 2人が他人に決して言えない秘密 ― それはお互いが違う組織の「暗..... [続きを読む]

受信: 2005.12.06 10:12

» Mr.& Mrs. Smith [ミュージックファクトリーの音楽・映画情報]
こんばんわ、舞斗です。 今日、この映画を見ました↓ 主演:ブラッド・ピット、アンジェリーナ・ジョリー 監督:ダグ・リーマン この映画のお話は、ブラッド・ピット演じる一流殺し屋ジョンと、同じくアンジェリーナジョリー演じる一流の殺し屋ジェーンが、あるとき、... [続きを読む]

受信: 2006.01.26 23:49

« A Hundred Days Off / Underworld | トップページ | ザスーラ (Zathura) »