« 悪霊喰 ( The Order ) | トップページ | ハウス・オブ・ザ・デッド ( House of the Dead ) »

2006.01.03

カスピアン王子のつのぶえ / C.S. ルイス

相変わらずアメリカでは映画『ナルニア国物語』が絶好調のようで。今週末の興行成績では『キング・コング』を抑えて1位に返り咲いています。日本でもこうなりますかねぇ。『キング・コング』はアメリカの成績に比べて日本では今ひとつぱっとしないようですが、『ナルニア国物語』はどうなりますか。

とりあえずナルニア国シリーズの1冊目『ライオンと魔女』を読み終わったので、2冊目の『カスピアン王子のつのぶえ』を。こちらも楽しく読めました。やっぱこの年で子供向けを読んでいるということもあり、あっという間に読めてしまいます。「……でした」みたいな敬体表記もすごく新鮮。

カスピアン王子のつのぶえ ナルニア国ものがたり (2)ペペンシー兄弟姉妹はまたナルニア国へと呼び戻されます。彼らがいたときよりすでに1000年ほどたったナルニア国。そこで王位継承の争いで命を狙われたカスピアン王子を助けるために一肌脱ぐことになります。あらすじはこんな感じ。

子供向けのファンタジーの姿をとってはいるものの、底になにかメッセージのようなものを感じるのは前作と同じ。アスランの姿が最初、最年少のルーシィしか見えず、その後徐々にほかの3人にも姿が見えてくるようになるところなどは、著者が字面以上のことを伝えようとしているように感じるのですが、うーん、なんだろ。あと、口の利けないナルニア国に属さない熊に襲われたときにルーシィが

もし、いつか、わたしたちのあの世界でよ、人間の心の中がすさんでいって、あのクマのようになっても、うわべが人間のままでいたら、そしたら、ほんとの人間か、けものの人間か、区別がつかないでしょ?

というのもかなり示唆にとんだメッセージのような気がします。ルーシィはいったいいくつなのか気になりもしますが……中学生にはいっていない年だと思うんですが、ずいぶんおませというか大人な発言ですな。

カスピアン王子の一族がいったいどういう人だったのかという説明が最後にありますが、なるほど、前作とのつじつまが合うようになっているのには驚きました。全然気にせず読み進んでいましたが、作者はそこまで考えていたのか~という感じです。

ナルニアの世界が徐々に広がってきていますが、活躍するキャラクターも増えてきています。誰に魅力を感じるかは人それぞれだとは思いますが、個人的には、つい前足をしゃぶってしまうクマとか、気が優しくて力持ち(なんだけどちょっと足りない)巨人(どちらも本の表紙出ています)が印象に残りました。どっちも名前がちゃんとでてこないサブキャラですが。

さて、次は『朝びらき丸 東の海へ』だっ!


|

« 悪霊喰 ( The Order ) | トップページ | ハウス・オブ・ザ・デッド ( House of the Dead ) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/790/7984317

この記事へのトラックバック一覧です: カスピアン王子のつのぶえ / C.S. ルイス:

« 悪霊喰 ( The Order ) | トップページ | ハウス・オブ・ザ・デッド ( House of the Dead ) »