« Life for rent / Dido | トップページ | The Cross of Changes / Enigma »

2006.03.05

ナルニア国物語 ( The Chronicles of Narnia )

タイトル長いので途中まで(うぉ~これだとシリーズのどれだかわからん……)。正確には『ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女』。英語だと"The Chronicles of Narnia: The Lion, the Witch and the Wardrobe”となります。英語どおりに訳すと『ライオンと魔女と衣装箪笥』になるんですが、間が抜けていると思ったんでしょうか、本からも映画からも「たんす」が抜けました。

ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女 スペシャル・エディション オリジナル・サウンドトラック(初回生産限定盤)(DVD付)ということで公開初日に行ってきました。原作を読んだ後だったので、ストーリーを意識して追う必要がなく、その分若干余裕あり。ということで、原作と違うところ探したりとか、映像に意識を集中させたりすることができました。原作との違いは細かいところを上げるときりがありませんが、大筋では一致しています。原作のファンからすると、ちょっとなぁ、というところがあるかも知れませんが……

映像は本を読んだときに想像していたとおりですな。石舞台とか女王の城などは原作どおりだったのでは?女王は原作よりもかなり怖いイメージで演出されていたように思いました。原作は翻訳の仕方のせいもあるかもしれませんが、ちょっと間の抜けたところもあるように感じましたが、映画では絶対的な悪として描かれているような感じ。同情の余地はほとんどないですな。女王役のティルダ・スゥイントンははまり役ですな、ほんと。途中で黒目がすごく大きく見えるシーンがあったんですが、あれは怖かった~ほんとの目じゃないとはわかっていたけど。

ファンタジーの古典ということでどうしても『ロード・オブ・ザ・リング』と比較してしまいますが、やっぱり『ナルニア国物語』の方が子供向けかなと。内容は大人でも楽しめるものにはなっていますが。考えさせられるところもあるし。やっぱり子供が主役というところが大きな理由かなぁ。

映画だけに限って比較すると、やっぱり映像の迫力という点で差が。戦闘シーンに典型的に現れているかと思いますが、『ロード……』と比較するとやっぱり迫力という点では劣るかと。ただ、『ナルニア国物語』が『ロード……』と比較して子供向けだということを考慮すると、子供向けの映画としてはかなり迫力があります。キマイラが飛び立つシーンとか、炎の鳥のシーンなどはほんと息を呑むくらいすごかった~

戦闘シーンは原作ではかなりあっさり書かれているのですが、映画では見せ場の一つとしてかなり魅せるシーンになっています。上に書いた点もそうですし、女王との対決シーンなどはかなり手に汗を握ってしまうし。上手く原作を膨らませたたなぁと感心してしまいました。

ここがああだったらなぁ、と映画を見ていてついつい思ってしまったのは、スーザンにもうちょっと活躍して欲しかったということと、ケンタウロスのオレイアスとピーターとの間柄の描写。原作でも描かれていない点なので、無理を言っているのはわかっているんですが、うーん、ここも膨らませて欲しかった~しかしケンタウロスは格好よかった~女性もいたなぁ。

最後にアスランを。もともとライオンという設定なので、アスランが出てきても想像どおりとしか受け取れないわけですが、映画のアスランはどこまでCGだったのか、という1点が非常に気になりました。ものすごいリアルなんだもんなぁ。たぶんどこかに着ぐるみとか混じっているとは思うんですが、動き(若干重みのない動きではありますが)も鬣もほんと動物園にいる本物とどこが違うんだ~といいたくなるくらい本物そっくり。吼えるところはもう生身と間違えてしまうくらいです。最近のCGってほんとすごい……

ということで、春休みに親子でみるにはぴったりな作品ではないでしょうか。大人が見ても十分楽しめます。ただ、ファンタジーということで『ロード……』と同じ期待をするとちょっとはずしてしまうかも。子供が主役のファンタジー映画と思って見に行くのがいいかと。


|

« Life for rent / Dido | トップページ | The Cross of Changes / Enigma »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/790/8958513

この記事へのトラックバック一覧です: ナルニア国物語 ( The Chronicles of Narnia ):

« Life for rent / Dido | トップページ | The Cross of Changes / Enigma »