« エミリー・ローズ ( The Exorcism of Emily Rose ) | トップページ | ドゥーム ( Doom ) »

2006.03.26

America Town / Five for Fighting

先週はFive for Fightingの"America Town"を聞いていました。一時期ラジオ等から'Superman (It's not easy)'がよくかかっていてずーっと気になっていて。こちらの曲、ピアノがいい感じで使われています。エヴァネッセンスとはまた違った印象ですが。ほかにもピアノがフィーチャーされて曲が収録されています。

America Townアーティスト名だけ聞くと、バンドかなと思うのですが、そうではなくてソロ。John Ondrasikっという方がやっています。バンド名はホッケーから取ったようです。ホッケーって6人でやるんですが、乱闘とかになると一人ペナルティ・ボックスと呼ばれるところに閉じ込められてしまい、その間(5分?)は5人で戦うことになる。ちゅうことでFive for Fightingになっているそうです。ホッケー好きなのか知らん。

'Superman (It's not easy)'のヒットは、その歌詞がテロ直後のアメリカの心象にぴったりあったというところが大きかったようで(曲自体もよかったと思うし)。テロ絡みでのヒットといえばエンリケ・イグレシアスの'Hero'が思いつきますが、あちらはテロの際の救出活動に活躍した消防士への賛歌的な要素が大きかったように思います。 'Superman' の方はヒーローの弱さを歌ったもので、それがテロでショックを受けている人々の琴線に触れたのかも。歌詞をストレートに訳すと、ヒーローでいるのは簡単なことじゃない、なきたい時だってあるし、ってな感じになります(自信なし……)。悲しさを抑えて強がる必要なんか誰にもないんだ、そんなことはヒーローにだって難しいし、人間ならなおさらだ、みたいな感じに解釈されたのか知らん。歌詞は公式サイトで見られます~

そういったことなど全然知らなくても、普通に音楽として楽しめるアルバムになっとります。音はシンプルで落ち着いたロック。昔でいえばAOR的な感じですな。ギターやピアノがいい感じで耳に残る曲が多かったなぁ。






|

« エミリー・ローズ ( The Exorcism of Emily Rose ) | トップページ | ドゥーム ( Doom ) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/790/9272486

この記事へのトラックバック一覧です: America Town / Five for Fighting:

« エミリー・ローズ ( The Exorcism of Emily Rose ) | トップページ | ドゥーム ( Doom ) »