« 2006年4月 | トップページ | 2007年5月 »

2006.05.07

サイレント・ヒル ( Silent Hill )

映画『サイレント・ヒル』が全米で公開中。公開週にはボックスオフィスチャートで1位に。日本でも直に公開されると思われますが、ゲームが元になっているので、やっぱりその差が気になるところ。ということで、これまた途中で投げ出していたゲーム『サイレント・ヒル』に再挑戦。ゲームやらないと違いがわからないし。

サイレントヒル PS one Booksゲームはアドベンチャーもの。いろいろ手がかりを集めて、ゴールをめざす形式ですね。味付けはホラー。サイレント・ヒルという町で休暇を過ごそうと娘と一緒に車を走らせていたところ、途中で事故に。気がつくと娘はおらず、サイレント・ヒルで娘を探す羽目に……という感じでスタート。父親になって娘を探します。

easy / normal / hard の3つのレベルを選べます。当然お話を追うのがメインなので、easyモードで。それでも結構大変でした。キャラクターが成長しないのに、雑魚キャラは話が進むにしたがって強くなるんだもんなぁ。武器が強くなっても弾切れしちゃうし。

PS1なので、グラフィックはそれほどきれいではないですが、それでもグロいシーンは結構きます。逆にもっとリアルだったらかなりつらかったかも。絵でも怖がらせますが、ほかには効果音などでも驚かせる演出があったります。クリーチャーはそれほどでもなかったかなぁ。

謎解きは結構つらかったです……今回もまた攻略サイトに大変お世話になりました。人に聞かないで自分で解いちゃう人ってマジすごいですなぁ。独力で解いた謎なんてほんの少しでした……以下のサイトがなかったらまた途中で投げ出すところでした……

Nightmarish House サイレントヒル攻略

エンディングは複数あるようで、とりあえず最初はグッドエンディングで。まぁこんな終わり方もありかなと。謎に対してすべて回答がでる終わり方ではないのがちょっと残念。この辺は映画が独自の解釈で回答を出してくれることを期待したいなぁ。

ということで1回終わったあとに、そのセーブデータを使ってもう一つのエンディングも目指してみました。UFOバージョンエンディングというらしいのですが、このラスト、ちょっと衝撃的でした。ゲーム本編があんなにシリアスな展開なのに、ラストこれでいいんですか……映画のラストってこれじゃないよね……

ゲーム『サイレント・ヒル』が最初出たとき、『バイオハザード』が売れたからそのぱくり路線なのかなぁ、となんとなく思っていたのですが、その後シリーズ化されたところを見ると、バイオとはまた違ったところが評価されて人気になったのかなぁなんて。バイオを意識しているわけではないと思うのですが、説明書に「主人公は特殊な訓練を受けていない一般市民なので……」と書いてあるところ、妙にひっかかってしまって……バイオは軍関係者が主人公だもんなぁ。バイオに対抗意識燃やしているのかなぁとかんぐってしまいました。

ゲームが終わるとエンドクレジットが出るわけですが、エンドクレジットではちょっとした遊びが。映画さながらに、キャラクターたちがカメラの前で素の状態を見せてくれます。CGキャラなので素というのも変ですが。ちょっとしたビハインド・ザ・シーン的なもんですな。それにしてもこのゲーム、出てくるキャラクター、10人弱なのね……RPGと比べるとえらく少ないですな……

さて、2作目もやってみようかな……その前もう少しほかのエンディングも見てみようかなぁ……


| | トラックバック (0)

2006.05.06

ワイルドアームズ 2ndイグニッション ( Wild Arms 2nd Ignition )

5連休なGWも後半に突入。あんまり体調がよくなかったので家でできることをあれこれ考えていたのですが、とりあえず第一目標だった、途中で投げ出していたゲームを終わらせよう、は達成できました。表題のゲーム、ほかのゲーム同様に、ラスボス直前で投げ出していて数年ほったらかしに。さすがにこれはもったいない、ということで最初からやり直したのですが、無事終了。

ワイルドアームズ 2ndイグニッション PS one Booksファーストが結構面白かったので続編に手を出したのですが、システムがあまりよくわからないまま当初進めていった結果、全然キャラクターを成長させられず、ラスボス直前でぼこぼこに。やり直しの際には、攻略サイトにお世話になりながらやりこみ度を深め、きっちり成長させてラスボス対決させたところ、あっさり終了。ちょっと拍子抜け。

お話はまぁRPG王道のもの。伏線らしきものが二重三重に張り巡らされているように見えるものの、ちょっと関連性がうすいというか伏線の効果が散逸しているというか。ええっ、という驚きは少なく、また、ここでこいつを倒しちゃうとラスボスは何?みたいな感じで、お話の一本筋がちょっと追いにくい。

例えば、FF10だと(古い……)、ああ、最後にこいつを倒せばいいのね、みたいなのがはっきりわかり、そいつを目標にこつこつがんばっていきお話もそれにあわせて進んでいくわけですが、今回のワイルドアームズ、そのつもりでがんばっていたら、あれ、なんか違うなと。最後にある程度説明がされるわけですが、うーん、なんかものたりなかった……

ということでお話は前作の方がよかったかな~と。でも、好きなところも当然あるわけで。今回はボス登場シーンが、懐かしのウルトラマンの怪獣登場シーンの演出とほぼ同じになっており、これがつぼ。ある特定の年齢層に訴えるものなので、万人受けするものではないですが、個人的には好きでした。また、主役が変身する演出も特撮っぽい感じがしてこれまたグッド。曲もそれに合わせて変わるし。ブラッドもよかったし(あんま使わなかったけど。30代のキャラってRPGだと珍しいような……)。

あと、バトルをキャンセルできるのがよかったかなと。後半、ある程度キャラを成長させきった後は、バトルが面倒になってくるわけですが、それをある程度回避できるシステムは重宝しました。時々強制バトルになりますが、それくらいはまぁご愛嬌ということで。

嗚呼、なんかシステムとか演出ばっかりだ、よい点が……

RPGは個人的に話を追うのが楽しくて、あと、キャラクターを成長させていくのが楽しいのですが、それと関係ない部分が逆に邪魔に感じるわけで。今回はパズル要素でかなりやられました……攻略サイトなかったらまた投げ出すところでした。逆にやりこみ度が高いとその分キャラクターを成長させられるのですきなのですが、今回は隠しボスなどがあり、その分やり込めたのがよかったかなと。攻略サイトがなかったら完全スルーでしたが……

ということでネットで攻略情報がゲットできるよい時代となりましした(攻略本がうれなくなったというマイナスな点もあるかも知れませんが……)。以下のサイトにはほんとにお世話になりました。

ワイルドアームズ攻略 へっちゃらッねっと
ワイルドアームズ Web本舗

ワイルドアームズシリーズは現在4作目まででていて、5作目も製作中だとか。息の長いシリーズになりました。ということで3作目はどうしよう……

あっと書き忘れた。挿入曲がいくつかあるのですが、うち一つがゴスペラーズのもの。正確には歌ものではないので気がつきにくいですが、結構印象に残るシーン(アニメパート)にフィーチャーされています。クリア後のセーブデータで何度でも見ることができます。ちょっとびっくり……






| | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2007年5月 »