« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008.07.27

ノイズ ( The Astronaut's Wife )

週末は映画に行くことがめっきり減りました。体調的なこともありますが、最大の理由は買い込んだDVDが一向に減らないため。つまり、見てないものが増える一方なのです……まずは買ったDVDを見つくしてから、それから映画館に行こうというわけです。近所に映画館があるのに、新宿の新しくなったシネコンにも行ってみたいのに、ここはぐっと我慢。当然ではありますが、DVDも極力買わないようになりました。まだ見ていないのがたくさんあるのに買うのはやっぱりおかしいよな……でも、『サイレント・ヒル』のDVD特別版は買いたかったなぁ。

ノイズ映画館に行かなくなったとは言うものの、TSUTAYAで半額キャンペーンをやっているとついつい借りてしまうのは相変わらず。今回は『ノイズ』を借りてみました。今や日本でも大人気のジョニー・デップ出演作。主演は他にシャーリズ・セロン。

ジョニー・デップ演じる宇宙飛行士スペンサーは船外作業中、事故にあう。空白の2分間があったものの、無事救助され地球に急遽帰還。何も変わっていないように見えるスペンサーだったが、妻ジリアンは何か違うものを感じていた。そんな中、子供を身ごもった彼女。子供は本当にスペンサーの子供なのか、それとも何か得体の知れないモノの子なのか……次第に精神的に不安定になっていくジリアン。果たして夫は昔のままなのか、それとも……

あらすじはこんな感じ。SFサスペンス的なお話ですが、特撮はあまりありません。むしろサスペンス色が色濃いです(TSUTAYAではSFの棚にありましたが)。ジリアンの懸念が杞憂なのかどうなのかが最後までわからず、この一点だけで見る人をなんとか終わりまでひきつけようとする映画です。

ジリアン視点で描かれるので、見ている人は同じような不安に駆られるわけです。ただ、昔ジリアンが親を亡くした時に精神的に不安定になったこと、および妊娠しているため精神的に不安定になっているような演出があるため、ジリアンの不安が現実的なものなのかはたまた単なる勘違いなのか、どっちと判断すればいいのかさっぱりわからず、最後まで見ざるを得なくなります(ま、映画なんだから普通では終わらないと大半の人は思うはずですが)。

若干テンポがゆるい感じがするので、気が急く人はいらいらするかも。そこはぐっと我慢して最後まで見ましょう。どんでん返しはありませんが、その価値はちょっとはありますので。続編はありませんでしたが、続編があってもおかしくない終わり方ではありました。

監督はIMDBによればこれが2作目だったようで。ただ、この後は映画は撮っておらず、脚本や製作が中心のようです。うーん、納得かも……出演は他にクレア・デュバルと『T2』に出ていたジョー・モートン。クレア・デュバルはジリアンの妹役で出演でした。『パラサイト』の時の印象が強いですが、それと似たような役でした。不良少女みたいな役の印象が強いのですが(『ゴースト・オブ・マーズ』はそうでもなかったけど)、IMDBのバイオグラフィを読んだらなかなかすごい経歴みたいで。このせいでそういう役が多いのか知らん。それにしても、映画の中ではよくできる姉とそうでもない妹的な演出だったのが、経歴も演出と同じように結構違うのには驚きました。

原題のままだと「アストロノーツ・ワイフ」だし、かといって翻訳して「宇宙飛行士の妻」だと味気ないし。ということで『ノイズ』を邦題にしたのは正解だと思います。なんか不安をあおる印象があるし。で、この『ノイズ』ですが、まさに「ノイズ(雑音)」で映画の中に時々出てきます。ジリアンがスペンサーが何かと交信するのにこの「ノイズ」を使っているのではと疑うわけですな。映画の中でキー的な要素なのですが、その割にはあまり出てきません。というか気づきにくいだけなのかも……そんな「ノイズ」なのにタイトルにしようと思い立った人、マジすごいなぁ。






| | トラックバック (0)

2008.07.20

フォーガットン ( The Forgotten )

3連休も折り返し。休みは相変わらず何をするではなくてもあっという間に過ぎてしまいます。あれもこれもしようとは思っていてもついついそれとは違うことに手を出してしまって、日常生活周りのことが後回しになってしまいます……DVDとかゲームは後回しにして、やればいいのはわかっているのですが、たまの休みくらいのんびりすごしたい、と思ってしまうともうだめなわけで。

フォーガットンということで今日もまたDVDを。公開時に見逃していた『フォーガットン』を。息子をなくしてから1年以上たつものの、息子のことが頭から離れないテリー。そんなある日、周りから息子に関するものが消えてしまう。人の記憶からも。テリーが亡くなったと思っている息子は最初から存在しないのか、それとも……てな感じでお話は始まります。

レンタルしてみたのですが、ミステリーの棚にありました。が、SFの棚にあってもあながち間違いではないかも。SF的な要素が入ったミステリーですな。すごい特撮とかがあるわけではなく、SF色はそれほど強くはないのですが、それでもSFはこの映画に欠かせない要素になっているかと思います。これ以上書くとネタばれになりそうだ……

主演はジュリアン・ムーア。相変わらず綺麗ですね~旦那役は『ER』でおなじみのアンソニー・エドワーズ。メガネをはずしていたのでだいぶ印象が違いました。あと、ゲイリー・シニーズがジュリアン・ムーアのカウンセラー役で出ていました。ゲイリー・シニーズってこういう役がすきなのかなぁ。なんか他の映画の役とかぶるような気がするのは気のせいか知らん。あと、キーパーソン役でライナス・ローチ。あまりにエドワード・ノートンに似ていてびっくりしました。舞台で生を見たことがあるのに、なんかぜんぜん認識できませんでした……ショック。

何を書いてもネタばれになりそうですが、最後にこれだけは。X-Files が嫌いではない人は試しに見てみてもいいかも知れません。あと、純粋にミステリーを期待すると、えーっという落ちになりますのでご注意ください。突っ込みどころも満載ですが、そこは流して鑑賞するのがベストかと。それにしてもNSC(だったかな)は詰めが甘すぎます……






| | トラックバック (0)

2008.07.19

ダンジョン&ドラゴン ( Dungeon & Dragons )

E3やってたんですね~すっかり忘れていました。最近は規模が縮小されてそれほど注目度が高くないようですが、それでも個人的にはびっくりなニュースが。FF13は海外ではPS3だけでなくXBOXでも出るそうで。海外でもPS3オンリーだと思っていたんですがね~海外でのハードの普及状況から考えたら、まぁありえないシナリオではないですが。海外売り上げをもっと上げたい、という会社の姿勢からすると納得ですな。PS3の普及がちょっと心配な今日この頃です。

ダンジョン&ドラゴンゲームのニュースが気になったからではないですが、前から気になっていた『ダンジョン&ドラゴン』を鑑賞。バイオやサイトレント・ヒル同様、ゲームが元になった映画ですな。ゲームはやったことないです。ゲームといっても元々はテーブルトークRPGだったみたいですね。テーブルトークRPGは一回だけやったことがあるのですが、あれがひょっとしたら『ダンジョン&ドラゴン』だったのかなぁ。

魔法使いが国を治める Izmer 。王女は魔法の使えない市民との平等を求めるが、評議会と対立。ドラゴンを操る杖を評議会に奪われそうになる。その前に最強のドラゴンであるレッドドラゴンを操る別の杖を手に入れようとするものの、王女それに評議会から国を奪おうと画策している Profion もまたその杖を狙っていた……てな感じでお話は始まります。

ゲームを知っていたほうがもっと楽しめたのかもしれませんが、知らなくてもそこそこ楽しめました。特撮も結構すごいと思うのですが、剣と魔法というネタ的にかぶる『ロード・オブ・ザ・リング』とかと比較するとやっぱりレベルは落ちるかなと。予算が同じ規模ではなかっただろうし、単純な比較は気の毒だとは思いますが……

ストーリーはなんとなく淡々と続く感じ。それなりに緩急あるものの何かが足りないような気が……演出なのか編集なのかわかりませんが。ここはきっと感動して涙腺緩むところなんだろうなぁというところでもそうならなかったのはなぜなのか知らん。自分が悪いのかなぁ。

あと、ラストの展開はちょっと意外でした。多分、見ている人は王女に肩入れするように鑑賞中になると思うのですが、あの展開だとちょっと……置いてけぼりをくらった感はないのですが、意外感が残りました。

キャストで知っていたのは、まずはジェレミー・アイアインズですな。今回は悪役。今回の役どころのせいなのか、かなり熱い演技を見せてくれます。なんかイメージが変わりました……あとは王女役でソーラ・バーチ。彼女の映画をそれほど見ていなかったせいか、あまり違和感は感じませんでした。あと、主人公の仲間役で Marlon Wayans が。コメディ映画によく出ているイメージがありますが、この映画でもやっぱり道化役的な位置づけでした。一番印象に残ったのは、魔法使いの見習い役の Zoe McLellan 。この映画で初めて知りました。テレビ出演が多いみたいですな。映画にももっと出てほしいなぁ。

公開時はそれほどヒットしなかったような気がするのですが、続編ができているということは赤字ではなかったのか知らん。Amazon のコメント読んでいるとどうも続編の方がよさそうな感じがしないでもないです。続編の方が評価が高いのって珍しいなぁ。






| | トラックバック (0)

2008.07.13

ディセント ( The Descent )

先日からパソコン周りの調子が悪くて無駄に時間を使っているような気が。無線LANの調子がおかしくなり、あちこちいじっているうちに直ったのはいいものの、ほかに不具合が出る始末。PCの再セットアップまでやる羽目に。夜中にあちこち触るものではないなぁと痛感。

THE DESCENTそんなこんなのどたばたで、ほんとは先週アップするつもりだったのに1週間遅れになってしまいました。記憶があいまいですがとりあえず。ホラーづいている最近ですが、今回は『ディセント』を。公開時に、意外なヒット云々という話を耳にしていてそれ以来見たいなぁと思っていた作品です。

6人の女性が洞窟探検に(洞窟にどんどん降りて行くので『ディセント(降下)』なわけですな)。途中、落盤のため閉じ込められてしまう。必死に出口を探すが、洞窟には彼ら以外のモノが……ってな感じのお話です。ドッキリさせ具合は、前の『ザ・フォッグ』よりもありました。冒頭でいきなり驚かされるし。洞窟に入った後もところどころで驚かされました。

前半はパニックもの、途中モンスターものになり、最後はスプラッターでした。モンスターホラーだとは認識していましたが、後半あそこまでスプラッターになるとは予想外でした。血が出るのが苦手な人は避けた方がいいかも。

モンスターの造詣はオリジナリティはあまりないものの、実際にいそうな感じがいい味出しています。肌のぬめった感じとかはなかなか。CGではああはいかないでしょう(CGじゃないですよね……)。洞窟のシーンなので全般的に暗いのでそれほどはっきりは出てきませんが、存在感はなかなかのものでした。人間が演じているのがはっきりわかるので、それが興醒めという人もいるかも知れませんが、私はそれほど気にはなりませんでした。それだけ、映画にどっぷりはまりながら見ていたのかも。

ラストは意外な展開でちょっとびっくりしました。これも好き嫌い分かれるかも知れません。ありな落ちだとは思いますが。IMDBを見てみたらびっくり、続編製作中ですと~!予想以上に儲かったのでしょうか。公開されるのか気になるところです。






| | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »