« 2009年3月 | トップページ

2010.07.29

ハプニング ( The Happening )

シャマラン監督の新作『エアベンダー』が公開中。3Dになっているので機会があれば劇場で見てみたいものです(さすがに今3D対応テレビを買うほど勇気はありませんので……)。ただ、芳しくない評価もちらほら聞こえてくるので、ちょっと躊躇してしまうのも事実。今回の映画はアニメが元になっているようで、彼の原作ではないよう。シャマラン監督オリジナルの映画はちょっと最近はあわないことがあるので、むしろ原作があるほうが楽しめたりするのか知らん。シャマラン監督は自分が原作を書いた作品しかとらないと思っていたので、原作がある作品を撮ったというのには少々驚きでした。

好みの映画ではないのに気になるのがシャマラン監督の怖いところ。それだけ『シックス・センス』のインパクトが大きかったということなのだと思います。きっとまたあの驚きをもう一度体験させてくれるのでは、という気持ちだけでついつい彼の作品に手をだしてしまうんですな。ということで、つい、ふらふら~と『ハプニング』をレンタルしてきてしまいました。

ハプニング (特別編) [DVD]突如、多数の人が一斉に自殺行為を始める現象が起こります。事象が起こる場所が広がる中、安全な場所へ逃げようとする主人公とその妻、友人、その子供。彼らは無事に安全な場所まで行き着けるのか?また、いったいに何が原因で何が起きているのか……

といった感じで冒頭からかなりインパクトのある映像が。あっという間に話に引き込まれます。ただ、そこからの展開がいかにもシャマラン監督作品という感じで進みます。SF映画やスリラー映画だと、政府関係者や科学者が主人公になり、事象の原因追求と対応に終われるさまが描かれるのですが、『ハプニング』ではずーっと一般市民の視点が維持されます。

なので、スリラーやSF映画というよりも、とんでもない状況に放り込まれた夫婦関係にトラブルを抱える男女がそんな状況の中もう一度やりなおしていくことを模索していくという、どちらかというとヒューマンドラマな映画に仕上がっています。

実際、想像もできないようなことが起きたときって、映画やドラマと違って、『ハプニング』のように、一市民としてテレビや携帯電話で情報収集しつつ、周りと助け合いながらなんとかやっていく、という感じになるはずなので、ある意味リアリティのある演出ではあるなぁ、と思いました。自分たちの見えないところで政府のお偉いさんや科学者の面々が死ぬ気でがんばっているのかも知れませんが、一市民では彼らの活躍等々は間接的にテレビのニュース等々で触れるくらいでしょうし。なので、テレビのニュースがところどころ出てくる演出はなかなか興味深いものがありました。

SF映画やスリラーを期待すると、あれっという感じになるので、その点を事前に理解した上で見れば意外と楽しめるのかもしれません。監督の以前の作品の『サイン』が演出的に『ハプニング』にかなり近いなぁと見終わった後に思いました。あちらもSF的なシチュエーションではありながら、非常にミニマルな話がつづられます。政府の偉い人も科学者も出てきません。同じ題材でも視点が変わるとえらく話がかわるもんだなぁ、と痛感させられた作品でもあります。

なので、『ハプニング』はSFやスリラーの棚に置かないで、ドラマのジャンルに置いたほうがいいと思います……

| | トラックバック (0)

2010.07.03

鬼武者

ブログを更新しない日が続いていて、飽きっぽい自分を再認識しています。とはいってもこのままやめてしまうのもなんなので、引き続き細々とやっていこうかと。とりあえず下書きでそのままになって記事がそこそこあるので、まずはそちらをアップしようかと思案中。ということで時系列的におかしな内容になっています……

まずは1年前に下書きしたまま放置の記事を。冒頭から時系列的におかしいなぁ……

いよいよ来週、FF7 ADVENT CHILDRENが発売に。DVD版は持っていますが、うーん、BD版は正直迷います。綺麗になっているだろうし追加要素もあるということだし、心揺れますが、最初に買うBD映像ソフトとしてはちょっと魅力に欠けるかなぁ。買うとしてもFF13の体験版が付いていない普通のになるだろうなぁ。

FF13は当然早くやってみたいのですが、体験版やるほどではないかなぁ。というか、体験版は往々にしてストレスがたまるので(えー、これで終わり、という類の)基本的にやらないので。PS3ではやく本格的なJRPGがやりたい今日この頃ではありますが。

鬼武者RPGばっかりなのもなんなので、久方ぶりにアクションアドベンチャーという類のものに手を出してみました。もう何年も前に買っていたのですが、中ボスが倒せず途中で放棄していたの『鬼武者』に再トライ。PS2で初ミリオンを達成したソフトということで結構当時は騒がれたのですが、最近は続編もでないし、ちょっと寂しい限りです。

ということで再挑戦したものの、やはり同じようなところでてこずるわけです。が、あまりにもゲームオーバーが多いと易しいモードがでるんですな。攻略サイト見るまで知らなかった……できれば最初から易しいモードを選べるようにして欲しかったなぁ。アクション苦手でもストーリーを追いたい人って結構いると思うんですが。

気を取り直して易しいモードで再挑戦。さくさくというわけではないですが、まぁゲームオーバーにあまりならずにそこそこ楽に進めました。ラスボス戦は何度かやり直す羽目になりましたが。何がつらいってHPの回復がなかなかできない点ですな。武器を最強にしてもそう簡単に相手も倒れてくれず、こちらも上手く相手の攻撃をかわせず、それなりにHPが減っていくのに、なかなか回復できない~(敵の倒し方によってはHPを回復できるモノを出すことができるのですが、ヘタレなのでそう上手く出せない……)。続編以降ではこの点は変わっているのかしらん。

主人公の左馬介がさらわれた従兄弟の雪姫を探して城内をめぐる中で、幻魔と信長の契約や、雪姫のさらわれた理由が明らかになっていく……てな感じでお話は進みます。ストーリーはあっさり。ストーリーを楽しむにはちょっとボリューム不足だったかなと。続編以降でひょっとしたら話が深まっていくのかも知れません。CGは今見るとちょっと……な感じは否めませんが、綺麗に仕上がっています。オープニングのシーンは賞をとっただけのことはあります。

城内をメインにうろうろすることになるのですが、ストーリーをそれなりに進めないと(正確には、装備のレベルを上げないと)いけないところが結構あり、同じところを行ったりきたりすることになります。マップ自体はそれほど広くはありません。あと、前は行けたのに後半いけなくなってしまうところとかもあり、後からもう一度行こう~!と思っていると、ちょっとばかり困ることになります。くー、これでいくつか取りこぼしたものが……

主人公は金城武が演じています。声だけでなくそのまま顔も取り込んでいるので、金城武そっくりの主人公を操ることになります。これもそういえば当時は話題になっていたっけ。顔を取り込むのはいいんですが、台詞はちょっと……他の声優さんとの差が出すぎでした……

このゲームの最大の売りはばっさりと敵を倒すところなわけですが、ばっさり感だけで言えば、無双シリーズの方が上かも。ばっさり感を追い求めるのであれば、無双シリーズをお勧めします。ばっさり感を楽しみたい、でも、ストーリーもあるのがいい、おまけにちょっとホラー的な要素が入っているとなおよい、という方は『鬼武者』がお勧めです。ホラーではないですが、バイオハザードを彷彿させるプレイヤーをびびらせる演出になんどかびっくりさせられました。バイオでケルベロスが出てくるシーンへのオマージュないしパクリなシーンもあったしなぁ。さすが同じCAPCOM製作のことはある、と勝手に解釈してしまっていますが、あのシーンはそうじゃないのかなぁ?

トータル7時間くらいで終了。私はかなり慎重に進めたのでこれだけ時間がかかりましたが、半分くらいの時間で終わる人もいるんではないでしょうか。ゲームの進め方によっては終了後におまけ的な要素が出ます。私の場合はパンダのきぐるみで再度ゲームができる要素が追加になっていました。ちょっとだけやってみましたが、かなりまぬけ……

数年ぶりに再挑戦してみて思ったのは、PS2のソフト、今でも全然普通に楽しめますね。PS3に完全に置き換わるには時間がまだまだかかりそうな気が……しかし、アナログコントローラー対応のソフトなのに十字キーでキャラクターを動かすとは……そういえば昔はそういう多かったような気もしないでもないなぁ。でも最初はほんとコントローラーが壊れたのかとマジ思いました……

続編はうーん、どうしよう?その前に同ジャンルの『ゴッド・オブ・ウォー』に挑戦してみようかなぁ。







| | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ