2004.01.29

攻殻機動隊 Stand Alone Complex

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 13年末年始の休暇中、なぜか無性にアニメが見たくなり、『イノセンス』も公開されることだし、ということで『攻殻機動隊 S.A.C.』を鑑賞。一応、映画『攻殻機動隊 Ghost in the Shell』を見ていたので、世界観で戸惑うことはなかったんですが、キャストで覚えているのが主役の草薙素子とバトーだけ。ま、それでも十分内容は理解できました。

全部で13巻26話あるので、結構見ごたえはありました。後半は「笑い男」の話が延々と続くのですが、うーん、もう少しひねりがほしかった……以外にすんなり犯人にたどり着けたという感じ。個人的にはあまり謎を残さずきっちり話が終わってくれるのが一番好きなので、こういう終わり方に不満はないんですが、なにか物足りないというか……この欠落感は映画かまたは2nd GIGが補ってくれることを祈ります。

草薙以外のキャラクターデザインは映画よりもこちらの方がすきなのですが、なぜか草薙だけが思いっきり典型的なアニメキャラのデザインになっていて少々ひいてしまいました。ボイスアクトは非常に良かったのですが。タチコマも典型的なアニメキャラの立ち回りを一部になわされている感があり、ちょっと感情移入できないところもありました(ただ、第25話「硝煙弾雨 BARRAGE」には感動してしまいました。この手の話運び、自分でもあきれるほどツボです)。トグサもバトーも格好いいんですが、実はイシカワが一番好きだったりします。渋ーい!映画の公式サイトのキャラクター紹介を見る限りは普通の親父っぽいキャラデザインになっているっぽいのが悲しい……サイトーとかは映画ではでてこないのでしょうか。

【2004/11/23追記】
@nifty内のバンダイチャンネルでトラックバックキャンペーンをやっているようなので、『攻殻機動隊 Stand Alone Complex』のページにトラックバックしてみました。トラックバックキャンペーンに参加するにはいくつかの条件をクリアしておく必要があるようですが、古い記事でもいいのかしらん。






| | トラックバック (0)