2009.03.29

Let Go / Avril Lavigne

日本でも人気の Avril Lavigne。3rd アルバムからのシングル、'Girlfriend' が日本でもヒットしましたね~わかりやすいメロディーにPVもなかなか面白い物に仕上がっていたし。正直、ファーストシングルの 'Complicated' を聞いていたときはここまで日本で人気が出るとは思ってもいませんでした。

レット・ゴーということで、ファーストアルバムの "Let Go"を最近ずっと聞いていました。ジャンル的にはパンクロックになるようですが、正直、パンクロックとポップロックの違いがよくわかりません……アーチストのメイキャップ、でジャンル分けするわけないしなぁ。ま、好きな曲ならジャンルは問わないので区別することに意味はないんですが。

ファーストシングルの 'Complicated' はミディアムロック。この曲は個人的にはまぁまぁな感じだったのですが、セカンドシングルがツボでした。'Sk8er Boi' がセカンドだった分けですが、ノリノリのロックチューン。パーティを盛り上げるには最高の曲ですな。歌詞もなかなかドラマチックになっていて、一時はこの歌詞を元に映画ができる、なんて話も出ていましたが、どうなったんだろう?歌詞は確か……

バレエをやっているお嬢様にスケート少年がデートないし付き合いを申し込んだけど断られる。数年後、そんな彼女がMTVをつけるとそのときの彼がテレビに出ている!知り合いに電話したらみんな知っていて、なんか地元でコンサート開くから見に行くことに。

……てな内容だったような気が。陳腐といえばそうですが、膨らませようによっては映画もありかなと。

サードシングルはバラードの 'I'm with You'。バラードもできるのよ、というアピールでシングルカットしたわけではないでしょうが、しっとり聞かせる曲に仕上がっています。

シングルカットはされなかったものの、他にもヒットしたろうなぁという曲が目白押しなアルバムでした。'Things I'll Never Say' は出だしのギターからサビの盛り上がりまで個人的にはお気に入りで、ぜひともシングルカットしてほしかったなぁ。ちょっとばかり歌詞が過激な 'Anything But Ordinary' もなかなかグッド。サビのところがまたグッときますなぁ。

アルバム最初の曲でシングルカットもされた 'Losing Grip' はなかなか骨太な感じで、アルバムの中で若干異色な感じがしましたが(他の曲は結構ポップな感じなので)、それでも浮いた感じがないのはやはり、全曲彼女が手がけていて、彼女らしさで統一されているからなのかも。

'Girlfriend' はラップ交じりの曲で、Avril もやっぱり流行りに目がないのか、と若干思ったりしたのですが、ファーストアルバムにもラップ交じりの曲はありました。'Nobody's Fool' がそれ。出だしたラップ調ですが、サビの部分でしっかり歌っています。すわ転向かと勘違いしそうでした、すんません。

3枚目まで安定した人気を保ってきたわけですが、4枚目以降もこの勢いが維持できるといいですなぁ。4枚目はしばらく先かなぁ……






| | トラックバック (0)

2008.06.21

Time / E.L.O.

地デジ対応完了。あわせてBSデジタルも受信できるように。地デジはアナログがデジタルになっただけなので番組に違いはないわけですが、BSデジタルはオリジナルの番組もあるということでしばらくザッピング状態。それなりに面白そうな番組もありましたが、うーん……何が一番驚いたかというと、通販番組の多さ。コンテンツ不足のせいなのか、それとも通販番組流したほうがテレビ局として儲かるせいなのか、理由はなぞですが……

オリジナル番組・通販番組のほかに、BSデジタルでは地上波で流した番組の再放送をしています。すごい古いものからここ数年の間に放送されたものの、とそれなりにバラエティ豊か。たまたまつけたら『電車男』をやっていました。そういえばオープニングが話題になっていたっけ、と思いながらちらちら見ていたら、オープニングで使われていた 'Twilight' が無性に聞きたくなってきて、気がついたらこの曲が収録されている "Time" が今週のヘビーローテーション状態に。

タイムはじめてE.L.O.を聞いたのは 'Calling America' 。なかなかポップなロックで、未だにさび部分が頭に残っています。'Twilight' も負けず劣らずポップなロック。かなりエレクトロニクス色の強いロックですな。アルバム前半は特にそうかも。アルバム1曲目のプロローグから曲間なしで2曲目の 'Twilight' へ。アッパーな感じで朝聞くにはちょうどいいかも。アルバムは1981年の作品ということで、当時のエレポップってこんな感じだったよねというピコピコ音で始まる3曲目の 'Yours Truly, 2095'。今聞くと懐かしさがこみ上げてくる感じ。'Twilight' よりも一足先にシングルカットされていた 'Hold on Tight' もいい曲ですなぁ。エレクトロニクスな感じはそれほどありませんが、ポップロックでわかりやすいメロディーが印象的。これもサビを口ずさみたくなる曲ですな。この曲は、後にバンドメンバーのジェフ・リンがトム・ペティらと結成した The Traveling Wilburys の曲のイメージがなんとなく近い感じがしますなぁ。

なんか最近はクラシックロックばっかり聴いているような気が……昔の曲でも、今でも聞けるいい曲がたくさんあるからなぁ。『電車男』では、ほかにも懐かしの洋楽がかかっていたような気が。もう少し懐かしい曲にはまってみるのもいいかも。といいつつ、最近のお気に入りは Usher だったりしますが('Love in this Club' では相変わらずすんげぇうまいダンスを見せてくれます)。






| | トラックバック (0)

2007.07.16

Scissor Sisters / Scissor Sisters

台風一過だと思ったら今度は地震ですか。かなり大きい地震だったようで、出かけてみたところ号外を配っていました。今日は祝日で夕刊がなかったせいかもしれませんが……震度6もあったということで、NHKは通常番組返上でニュースをずっと放映しています。

Scissor Sistersそんな中、 Scissor Sisters のデビューアルバム Scissor Sisters を聞きながら出かけていました。ニューヨークのバンドなのにイギリスで火がついて人気に、というのは耳にしていたのですが、当初流行っていた "Take Your Mama" を聞いたときは、ふーんという感じであまりツボに来ず。男性ボーカルがファルセットっぽいのもちょっとなぁ、とあまり惹かれるものが最初はなかったんですが。

次のシングル(だったかな?)が確か "Filthy/Gorgeous" で、これではまりましたね~ということでアルバム入手。この曲もファルセットな男性ボーカルなんですが、それも気にならないくらい曲がよくて。打ち込みっぽい音にチープ感漂う電子音っぽい音がフィーチャーされてて、いやぁたまりませんわ。ビデオがヤバいということも評判でしたっけ。

グラミー賞の 'Best Dance Record' に "Comfortably Numb" がノミネートされていたそうですが、残念ながら受賞にはいたらず。だからというわけではないでしょうが、アメリカ本国でもメジャーヒットに恵まれず。なぜかヨーロッパ・イギリスで大人気という構図はセカンドアルバムを出してからもかわらないようで。セカンドアルバム Ta Dah はイギリスで1位になり、ファーストシングルの "I Don't Feel Like Dancin'" も1位に。

アメリカでももうちょっと売れてもいいと思うのですが、あのゲイチックなイメージがマイナスなんでしょうかねぇ。アメリカの保守主義的な面が、彼らのヒットを遠ざけているのか知らん。その点、確かに欧州の方がなんとなーく彼らのそういった面を受け入れやすい土壌があるような感じが。でもイギリスは確か数年前までかなりのアンチゲイな国だったと聞いたことがあるんですが、となるとやっぱり国民的な音楽嗜好の差異が理由なのかなぁ。

しかし、バンド名の Scissor Sisters にそういう意味があるとは知らなんだ……まだまだ語彙力がたりんなぁ。






| | トラックバック (0)

2007.05.27

Aquarium / Aqua

ぶらりとHMVへ。当然のことではありますが、事業売却話の影響は店頭には特に見られませんでした。輸入版、2枚買うと1枚1590円のセールが実施中。映画1本が1800円(前売りだと1300円くらいになりますが)と比べるとやっぱりお得感があります。CDだと何度も繰り返し楽しめるし。ただ、円高の時はもっと安かったような記憶があるんだよなぁ……

そんなHMVでむかーし買った Aqua の "Aquarium" を先週は聞いていました。'Barbie Girl' がヒットしてマテル社とトラブったりした記憶も結構前になりますな。1997年の作品だもんなぁ。アルバムは典型的なユーロダンスポップの曲が大半を占めています。

ユーロダンスポップってノリノリで嫌いじゃないのですが、どれも同じ感じがしてしまうんですよね。シングルは特にわかりやすいものをとってくるせいか、その傾向が顕著な気が。ME&MYの 'DUB-I-DUB' とかと似た感じが最初聞いたときはしたし。歌のネタがバービー人形だから話題になってヒットしたのか知らん、と多少かんぐってしまったところもあり、当初は買うつもりはなかったんですが。次のシングルだった 'Doctor Jones' も同じ感じの曲で、アルバム買うところまではこれでもいかず。

で、その次のシングルが 'Turn Back Time'。これが落ち着いた感じのバラードがかった曲で、ああこういう曲もいけるのかと認識を新たに。映画『スライディング・ドア』の予告編かなにかで耳にしたのが最初だったような記憶がありますが、映画の雰囲気にもあっていたし、これまでのシングルと違ってなかなか聞かせるタイプの曲だったこともあり、ようやくアルバム購入へ(映画は未見のままですが……)。

おちこみがちなときに気分を高揚させたいときに聞くにはいいアルバムかと。あと、'Barbie Girl' のPVも機会があればぜひ。なぜか日本語混じりな謎のPVに仕上がっています。なぜ日本語……


| | トラックバック (1)

2007.05.13

Move Along / The All-American Rejects

HMVグループが日本事業を売却するそうで。リアル店舗でよく使うCDショップがHMVなので、売却によってどんな影響がでるのか、前とそれほど変わらずに営業が継続されるのか気になるところです。タワーレコードみたいなケースもあるので、それほど変わらないような気もしますがどうなんでしょうか。個人的に投売りワゴンセールは今後も続けてほしいと思います。意外な掘り出し物があるんだよなぁ。

Move Alongここしばらくはずっと、The All-American Rejects の "Move Along" をずっと聞いています。デビューアルバムからのシングル 'Swing, swing' がお気に入りだったのですが、アルバムまで手が出るほどではなく買わずに様子見。いやしかし待ってよかった。今回のセカンドアルバム、あたりでした。

セカンドアルバムからのファーストシングル 'Dirty Little Secret' 、アルバム買ってもいいかなぁ、と思うくらい気にいっていたのですが、セカンドシングルの 'Move Along' で駄目押しされました。これにはもうツボ押されまくりでした。ということでアルバムまで手を出したわけですが、はずれ曲なしのお気に入りになりました。どれもシングルカットできそうな出来の曲ばかり。どれもカラオケで歌いたくなるくらいわかりやすいメロディーラインだし。

wikipediaには、 'Swing, swing' のヒットは所詮一発屋のそれと思っていた人もいた、みたいなことが書かれていましたが、このアルバムのヒットで一発屋の汚名は返上できそうですな。いやぁ、ライブもみてみたいですねぇ。あと 'Move Along' と 'Dirty Little Secret' はカラオケでもやってみたいなぁ。

'Move Along' の出だしがほんの少しだけ Savage Garden の 'The Animal Song' と似ているような気がするのは、どちらもドラムから始まるだけのせいなのかしらん……どっちも好きなんですか。

こんなにお気に入りの The All-American Rejects ですが、いっちばん最初は Amrican Idol でトップになれなかった上位の人たちが集まって作ったグループ(というかシングル)だと思っていたのは秘密です……「アメリカ人が拒否したみんな」というバンド名だと思ったんで。ほんとのところの意味って何なんだろう。


| | トラックバック (0)

2007.05.03

Love.Angel.Music.Baby. / Gwen Stefani

ゴールデンウィークも後半に。これといった予定もないのでのんびりと。いろいろたまった日常生活の雑事を日中に片付けて夜はのんびりすごす今日この頃です。たまのこんな時間のすごし方がすごく贅沢に感じられます。

Love.Angel.Music.Baby.家の中でいろんなことをしていてもやっぱり音楽は常にオン。テレビだと目を取られてしまって作業効率が下がったりしますが、音楽だと耳だけなので効率も下がらず、かつ、気分転換にもなるのでよいかと。

ここ最近のお気に入りは Gwen Stefani の "Love.Angel.Music.Baby." だったりします。2作目のソロアルバムが出ていますが、こちらはファースト。2作目の "The Sweet Escape" がListen Japanで驚きの500円でダウンロード販売していたので思わず衝動買いしてしまいましたが、シングルカットが一段落するまで大事にとっておこうと思っています。

さて、"Love.Angel.Music.Baby."の方ですが、いや最高。同じアーティストの作品を続けてそろえることはあまりないのですが、それだけファーストのこのアルバムがよかったということで。もともとファーストシングルの 'What You Waiting For?' が好きで手に取ったんですが、収録されていたほかの曲もあたりでした。Eve をフィーチャーしたセカンドシングルの 'Rich Girl' もよかったし、'The Real Thing' もなんか80年代っぽい音でなつかしい感じがしました。

曲がいいのもさておきながら、このアルバムにはほかに着目すべき点が。どうもGwen姐さん、原宿とそこを行き交う女子のファッションセンスがお気に入りのようで。PVにはHarajuku Girlsと呼ばれる日本人っぽい女の子たちを登場させたり、原宿とそのファッション賛歌でもある'Harajuku Girls'という曲をアルバムに収録したりと、Harajuku への愛がアルバムのあちこちに散見されます。原宿でガンガンにこのアルバムがかかっていたら姐さん本望だったのか知らん。

'What You Waiting For?'には冒頭から日本語で「何待ってるの?」と入っているし、'Harajuku Girls'では「あなたたちのファッションサイコー!(意訳)」と英語で高らかに歌い上げております。日本人が聞くと二重に楽しめるのがこのアルバムの特長ですな。

No Doubt の新譜がでないままソロアルバム2作目が出ておりますが、ソロでの活躍後のNo Doubtのアルバムも聞いてみたいものです。どう変わるのか、それともまったく影響なくこれまでの延長線上なのか、気になります。






| | トラックバック (0)

2006.04.24

Jennifer Paige / Jennifer Paige

ココログ、バージョンアップ後トラブルが続いているようですが、大丈夫なのかなぁ、とちょっと心配。先ほど記事を書いてアップしようとしたら、エラーで記事が消えちゃった……保存してからアップすればよかったと反省。この時間帯重いのは知っているけど、やっぱ記事が消えるのはショックです……もうちょっと軽くならないかなぁ。

クラッシュ改めて。今週はJennifer Paigeのデビューアルバムを聞いていました。米国盤は本人の名前がアルバムタイトルになっていますが、日本盤はヒットしたシングルにちなんで『クラッシュ』となっております。シングル聞いた人がアルバムを買おう、思ったときはこの方が親切なのかしらん。

アルバムにはシングルから連想されるような曲が多数収録されています。明るい曲からスローな曲まで、女性ポップボーカルものの典型的な曲が詰まっております。これなら、シングル聞いて買った人でも、あれ~と思うことはないのではないでしょうか。アメリカ盤はなぜかセカンドシングルの'Always You'のリミックスがあるものの、ファーストシングルの'Crush'リミックスが未収録。日本盤には両方収録されているのに……普通、逆のような気もしますが、なんでだろ?

「クラッシュ」はビルボードシングルチャートで3位まで行ったのですが、その後が続かなかったようで。いわゆる一発屋的な位置づけになってしまうのかしらん。この曲も、'Always You'も好きなんだけどなぁ。一発屋的な感じがしますが、しっかりセカンドアルバムも出ています。日本盤もでているということは、ファーストの国内での売れ具合がよかったのか知らん。

最近はどんな活躍?と思ってネットを検索してみたら、映画にもでていたようで。『カントリー・ベアーズ』というディズニー映画にJennifer Paigeの名前でウェイトレス役で出ていたようです。サントラに1曲彼女の曲が収録されていうので、それつながりなのかも。カメオみたいなもんかなぁ。詳細はDVDを見てみないとわからんです……






| | トラックバック (0)

2006.04.02

There Is Nothing Left to Lose / Foo Fighters

ニルヴァーナのカート・コバーンの死にインスパイアされたという映画『ラスト・デイズ』が公開中。カンヌでプレミアム公開されていたそうで。こちらの映画、監督がガス・ヴァン・サントなんですな。知らんかった。でも、なんとなく納得。音楽ネタすきそうだもんなぁ。バンドでドラム担当だったデイヴ・グロウルはつらくて見られなかったそうです(BARKSより)。

ゼア・イズ・ナッシング・レフト・トゥ・ルーズバンド解散後、デイブは新バンドFoo Fightersを結成。こちらではギターをやっているようで。ドラムもギターもできるなんてうらやましい限りです。先週はそんなFoo Fightersの"There Is Nothing Left to Lose"を聞いていました。こちらは3作目。ニルヴァーナがオリジナルアルバムを3作しか残さなかったのとは対照的に、この後もコンスタントにアルバムを製作しており、最新作の"In Your Honor"は5作目になります。

ニルヴァーナの"Never Mind"を聞いたことがなく、'Smells Like Teen Spirit'ので漠然とした印象でしか比較できませんが、ニルヴァーナと比較すると明るくてよりポップな感じがしました。アルバムをとおして聞いた印象からもそうなのですが、それ以上にFoo Fightersの場合はやはりPVのイメージが強くて。

"There Is Nothing Left to Lose”からは'Learn to Fly'がシングルカットされたヒットしましたが、こちらのPVが笑える作品になっていて。最近は俳優としての活躍が目覚しいジャック・ブラックが、彼のバンドTenacious Dのもう一人の相方Kyle Gassと一緒に出演しています。航空機の清掃員として登場しますが、機内で配るコーヒーにクスリを混ぜてしまい、飛行機はそのままフライトへ。客やパイロット、フライトアテンダントまでにそのコーヒーが配られ、機内はクスリでラリッた人だらけに。飛行機に乗ったいたバンドメンバーが墜落をなんとか回避させる、てな感じのPVに仕上がっています。バンドメンバーは自分たち自身としてだけでなく、ほかの人物も演じています。デイブはものすごーく太った女性も演じてました。

文字にしちゃうと面白さが今ひとつ伝わらないのが残念。アメリカのyahooサイトでPVが見られるので興味があるかたは是非~'Big Me'のPVも笑えます。笑えるPVだけではなくて、'Best of You'のような、典型的なミュージックビデオに仕上がっていてかっこいいものもあります。

引き続きいいアルバムを出していってほしいなぁ。ニルヴァーナみたいな最後にはならないでほしい~






| | トラックバック (0)

2006.03.26

America Town / Five for Fighting

先週はFive for Fightingの"America Town"を聞いていました。一時期ラジオ等から'Superman (It's not easy)'がよくかかっていてずーっと気になっていて。こちらの曲、ピアノがいい感じで使われています。エヴァネッセンスとはまた違った印象ですが。ほかにもピアノがフィーチャーされて曲が収録されています。

America Townアーティスト名だけ聞くと、バンドかなと思うのですが、そうではなくてソロ。John Ondrasikっという方がやっています。バンド名はホッケーから取ったようです。ホッケーって6人でやるんですが、乱闘とかになると一人ペナルティ・ボックスと呼ばれるところに閉じ込められてしまい、その間(5分?)は5人で戦うことになる。ちゅうことでFive for Fightingになっているそうです。ホッケー好きなのか知らん。

'Superman (It's not easy)'のヒットは、その歌詞がテロ直後のアメリカの心象にぴったりあったというところが大きかったようで(曲自体もよかったと思うし)。テロ絡みでのヒットといえばエンリケ・イグレシアスの'Hero'が思いつきますが、あちらはテロの際の救出活動に活躍した消防士への賛歌的な要素が大きかったように思います。 'Superman' の方はヒーローの弱さを歌ったもので、それがテロでショックを受けている人々の琴線に触れたのかも。歌詞をストレートに訳すと、ヒーローでいるのは簡単なことじゃない、なきたい時だってあるし、ってな感じになります(自信なし……)。悲しさを抑えて強がる必要なんか誰にもないんだ、そんなことはヒーローにだって難しいし、人間ならなおさらだ、みたいな感じに解釈されたのか知らん。歌詞は公式サイトで見られます~

そういったことなど全然知らなくても、普通に音楽として楽しめるアルバムになっとります。音はシンプルで落ち着いたロック。昔でいえばAOR的な感じですな。ギターやピアノがいい感じで耳に残る曲が多かったなぁ。






| | トラックバック (0)

2006.03.19

Fallen / Evanescence

3月頭に『エレクトラ』のDVDが発売になりました。映画館で見たかったんですが見逃した~のでDVDレンタルでみようかと。2枚組みのコレクターズエディションとか出ていれば購入も検討したのですが、どうも通常版しかないようで。じゃぁDVDレンタルでいいやと。新作扱いが終わったあたりに借りてみようっと。

『エレクトラ』は『デアデビル』のスピンオフ企画なわけですが、『デアデビル』の中で一生懸命戦う準備をしているエレクトラのシーンでかかっていたのがEvanescenceの'Bring Me to Life"でした。映画が日本で公開される前に、アメリカで映画のヒットのおかげかこの曲がヒット。なので、日本で『デアデビル』が公開されるときには結構耳タコ状態で。んで、どのシーンでこの曲かかるのかなぁとずーっと気にしながら映画を見ていました。なので未だにこのシーンはよく覚えています。

Fallen今週はこの'Bring Me to Life'が収録されているアルバム"Fallen"を聞いていました。'Bring Me to Life'はピアノの旋律で始まるのが印象的だったのですが、アルバムにはほかにもピアノを使った曲がたくさん収録されています。'Bring Me to Life'のほかに、'Everybody's Fool'でも曲の出だしでピアノが使われています。曲全体としてはロックな盛り上がり方をする感じ。一方、'My Immortal'や'Hello'はしっとりと聞かせる感じで、ピアノも出だしだけでなくメインで使われています。アルバム通してピアノが上手ーく使われている感じがしました。

当初'Bring Me to Life'だけを聞いた時は、ラップが混じるのでリンキン・パークみたいなバンドなのかなぁと思っていたのですが、ラップを担当していた人はゲストボーカルだったみたいで、ほかの曲はストレートなロックになっていました。'Bring Me to Life'のラップと歌ものの混じり具合は結構すきだったんですがねぇ。ラップ交じりの曲はほかにはありませんでしたが、それでもアルバムはかなりgoodな感じでした。女性ボーカルのロックっていいなぁ、やっぱ。全然違いますがなんとなーくロクセットを思い出してしまいました。

Evanescenceはクリスチャンバンドみたいなくくられ方をしていたことがあったようですが、聞いているだけだとあんまりそんな感じはしなかったかなと。あと、ジャケットもあんまりそれっぽくないし(ちょっと怖いですよ……)。歌詞をきちんと解読してみるとわかるのかなぁ。






| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧